ざんねんないきもの事典

サンシャイン水族館(東京・池袋)が、11月10日(金)~2018年4月8日(日)の期間、特別展「ざんねんないきもの展」を開催することを発表した。
これは、シリーズ累計95万部を突破した人気書籍『ざんねんないきもの事典』『続ざんねんないきもの事典』とコラボレーションしたもの。
本特別展では書籍に登場する生き物に加え、サンシャイン水族館の飼育スタッフが考えるオリジナルな「ざんねんないきもの」展示も予定されている。

主な展示予定生物

▶シマリスのしっぽはかんたんに切れるが、再生はしない。
ざんねんないきもの事典

▶カメレオンの色が変わるのは、気分しだい。
ざんねんないきもの事典

★サンシャイン水族館オリジナル★
▶マガキガイは飼育スタッフには重宝されるが、主役になれない…。
ざんねんないきもの事典

▶アオジタトカゲは威嚇のために青い舌を出すが、あまり怖くない。
ざんねんないきもの事典

※状況により、展示生物が変更になる場合あり
※画像はすべてイメージ

 

サンシャイン水族館特別展「サンシャイン水族館×高橋書店『ざんねんないきもの事典』シリーズ ざんねんないきもの展」
開催期間:
11月10日(金)~2018年4月8日(日)10:00~18:00
※最終入場は終了30分前
※営業時間はサンシャイン水族館本館の営業に準じ変更。
会場:
サンシャインシティ ワールドインポートマ-トビル・屋上 特別展会場
料金:600円
※水族館本館ご利用の方および年間パスポートをお持ちの方、対象施設(*1)・イベントをご利用の方は400円。
(*1)SKY CIRCUS サンシャイン60展望台・コニカミノルタプラネタリウム”満天”・古代オリエント博物館・ナンジャタウン・J-WORLD TOKYOなど
※金額はすべて税込

『ざんねんないきもの事典』とは?
ざんねんないきものとは一生けんめいなのに、どこかざんねんないきものたちのことである。
いきものに関するこれまでの本は、「すごい」という面から見たものが多かったように思います。
人間も「顔良し・頭良し・性格良しの完ペキな人」より、「じつは運動オンチ」だったり「じつは家ではちょんまげ頭でジャージ姿のヒモノ生活な人」のようなちょっと“ざんねん”なところがある人の方が、なぜか親近感がわきませんか?
「マイナス部分にこそ魅力がある。」それはいきものたちだって同じはず。
ちょっとざんねんに感じてしまう……、けれども一生けんめいに生きている、そんな新たな一面を知れて、いきものたちがより愛おしくなる事典です。【出版社:高橋書店】