ボブ・グルーエン写真展

ボブ・グルーエンって誰?って人は多いと思うが、エルビス・プレスリーを初め、ビートルズやローリング・ストーンズなど、世界のロックレジェンドとも言えるロックスター達をその黎明期から撮影してきた写真家で、誰もが一度は目にしたことがある写真を撮影している人物なのである。
そのボブ・グルーエンの写真展が、7月20より池袋パルコにて開催されている。

ボブ・グルーエン写真展 ボブ・グルーエン写真展 ボブ・グルーエン写真展 ボブ・グルーエン写真展 ボブ・グルーエン写真展 ボブ・グルーエン写真展 ボブ・グルーエン写真展

写真展では、エルビス・プレスリーを初めとして、ジェームズ・ブラウン、セックス・ピストルズ、若かりし頃のミック・ジャガー、ジョン・レノン&オノ・ヨーコ、デヴィッド・ヨハンセンら、そして彼らと共にするアンディー・ウォーホールなど、そうそうたる伝説的な人物の自然な表情の写真の数々が展示される。
写真家ボブ・グルーエンとは、その存在感を消し、ごくごく自然で素な表情の伝説的ミュージシャン達を撮り続けた人物なのである。
そのため、展示されている写真はどれもがプライベート写真のようで、まったく気負うものがない。

また、彼は日本にも何度か訪れており、シーナ&ザ・ロケッツや、フジロックの記録も行っている。
その40年にわたるロック最前線の記録写真作品集「Rock Seen」が、この度、日本語版として発売されることになった。
7月20日から8月6日まで、東京・池袋パルコ7階パルコミュージアムで開催される『ボブ・グルーエンと100人のロックレジェンド展』は、それを記念するものである。

ボブ・グルーエン写真展
Mick Jagger and David Johansen / The Song Remains the Same film premiere, New York City, 1976
ボブ・グルーエン写真展
David Johansen, Susan Blonde, Sir Bob Geldof, and Andy Warhol / One Fifth, New York City, 1979

 写真家ボブ・グルーエン写真展 写真家ボブ・グルーエン写真展
1964年製ジュークボックス「ROWE / Ami JBM-200
当時の本物のジュークボックスで、レコード盤で演奏される。
フリープレイのため、来場者は無料で選曲できる。
たまに、針飛びエラーが起きるのもリアリティがある。

 

特設サイト:http://rockseen.jp/
会期:2017年7月20日(木) 〜 8月6日(日)10:00~21:00/最終日は 18:00 閉場
/入場は閉場の30分前まで
会場:パルコミュージアム (池袋パルコ 本館 7F)
/東京都豊島区南池袋 1-28-2 問)03-5391-8686
入場料:一般500 円・学生400 円・小学生以下無料
FUJI ROCK FESTIVAL ’17のリストバンドを着用してご来場の方は入場無料

作家来場イベント ボブ・グルーエン トークショー&サイン会
日時:8月5日(土)
トークイベント 14:00~ ※1時間程度予定
ゲスト:鮎川誠(SHEENA & THE ROKKETS)
サイン会 15:00~
会場:パルコミュージアム

フジロックの翌週、会期中最後の週末は、ボブ・グルーエン本人が来場し、トークショーとサイン会を開催!写真集 or 写真集+Tシャツセットを購入いただいた先着200名様には、サイン会参加券をお渡しいたします。(参加券配布期間:7月20日(木)10:00~ ※なくなり次第終了)

※写真集1冊お買い上げにつき1枚限りのお渡しとさせていただきます。
※参加券をお持ちの方はサイン会にご参加される際の入場料はいただきません。
※トークイベントは参加券をお持ちでない方でも観覧いただけます。(入場料が必要です)
※混雑状況によっては、入場制限をかけさせていただく場合がございますので予めご了承下さい。

関連記事

伝説のロック写真家来日。鮎川誠・内田裕也も駆けつけトークショー