ハッピーメール

Webドラマ「ハッピーメール~Love Story~」の完成披露試写会イベント

9月3日、渋谷ユーロライブにて、野呂佳代主演 Webドラマ「ハッピーメール~Love Story~」の完成披露試写会イベントが行われた。舞台挨拶に登壇した野呂佳代は、「生まれて初めてどっぷり恋愛の役をやったけど、相手の男性を振りほどいてよろめかせてしまった」と反省と共に、男性の弱さを感じた作品だと振り返った。(フォトギャラリー)

「ハッピーメール〜Love Story〜」は、出会い・恋愛マッチングサイト「ハッピーメール」のユーザーから、サービス内で実際に体験した出会いや恋愛のエピソードを募集し、応募の中から選抜した内容を短編ストーリーでWebドラマ化したもの。
各話ごとに、様々な悩みを抱えながら生きている女性6人が、マッチングアプリ・サイトを通して新たな出会いや恋に前向きになっていく…甘く切ないラブストーリー。
6つのエピソードで構成され、特設サイトにて、毎週木曜、順次公開される。

Webドラマ「ハッピーメール~Love Story~」特設サイト

舞台挨拶レポート

ハッピーメール

男性の弱さを感じた

– 演じられた役はいかがでしたか?

野呂佳代
今までふざけたような役ばかりで、今回のようなどっぷり恋愛ドラマという役は初めてでした。
なので、演技プランを考える時、ラジオDJ役なので、いい女風なのかなとか、でも自分で見たらちょっと笑っちゃうところがあるなとか。
でも、役というよりは、相手役の札内幸太さんが細身じゃないですか。顔合わせの時からちょっとおかしいなと私は思ったんですが、私は男性に守られたいっていうところがありますから、大丈夫かなって。画面に映ったら人って膨張しますので(笑)
札内さんが私のことを追いかけてきて、腕を掴んで「待ってよ」っていうシーンがあるんですね。
そんなのを私が演じる時がくるなんて思っていなかったから、めちゃくちゃ嬉しかったんですよ。
で、私が振りほどいたら、札内さんがよろけちゃって転んだんですよ(笑)
その時に、「やっちまったな」って。私、次のシーンから気持ちを立て直すのは超大変だって思って、男性の弱さを感じました(笑)

野呂佳代
野呂佳代

マッチングアプリの印象って変わった?

– 出演する前と後で、マッチングアプリに対する印象は何か変わったでしょうか?

野呂佳代
マッチングアプリがニュースで取り上げられる部分というのは、事件報道だったりどうしても嫌な部分があるという印象が私の中でも強かったんです。
でも周りの友だちとか、けっこうやっていて、すごく楽しそうで、充実しているのを知っていたので、実際どういう感じなのかなと思ってました。
私は実際に、ハッピーメールの本社に伺って、セキュリティについて具体的に説明いただきましたが、出会いの場所であるハッピーメールが、すごく安全に楽しめることがわかり、マッチングアプリってとてもいいなぁって思いました。

安座間美優
実際に会うのは怖くないのかなと、想像できなかったんです。でもやってる人に聞くと、条件はちゃんと入れているし、それで探しやすいとか。私の役は偽ってたんですけど(笑)
でも実際会う時は、身分証明書を持ってくる人もいると聞いて、皆さん、恋愛をする相手を見つけたいって前向きにやっているなっていうのは感じていました。
今回作品に関わることになって、感じたのは、やっぱりプロフィールを偽りたい気持ち、職業とか年齢とかのコンプレックスは人それぞれあると思うんですけど、自分のコンプレックスを隠すんじゃなくて、それを出して良いと思ってくれる人を探すことが大切だなと思いました。

安座間美優
安座間美優

籠谷さくら
私は演じる前も後も一緒で、マッチングアプリをやってみたい!って思っています。
楽しそう!興味があります!っていう感じで、友だちもやってますし。
自分はマッチングアプリでこそこそやってみるのもなんかハラハラドキドキして楽しそうかなと思うんですけど、今は(事務所都合で)恋愛ができないので、25歳までガマンしてそれ以降にハッピーメールをやってみたいと思います。

籠谷さくら
籠谷さくら

朝木ちひろ
この作品に出るということで、初めてSNSを始めたんです。
そしたら、自分の世界が広がるなと感じました。それまでは自分の好きなことを周りの人と共有することって、学校や会社という狭いコミュニティーの中でしかできなかったので。
マッチングアプリだとそれが恋愛につながっていって素敵だなと思いました。

朝木ちひろ
朝木ちひろ

奈月セナ
最初は一夜限りの遊び相手を探すっていう、偏見なんですけどそういう印象が最初はありました。
でも私が演じさせていただいた役はマッチングアプリで結婚することになり人生がガラッと変わるんですよね。
なので、マッチングアプリは運命的なものもあるのかなと感じました。

奈月セナ
奈月セナ

あべまみ
この作品を通して、マッチングアプリに対するイメージが良くなりました。
皆さんも共感できた部分とか、学びになった部分があるんじゃないかなと思うので、もし感じるものがあれば、SNSなどでつぶやいてくれたら嬉しいです。

あべまみ
あべまみ

フォトギャラリー

DSC_9323-2.jpg
DSC_9364.jpg
DSC_9370.jpg
DSC_9292.jpg
DSC_9409-2.jpg
DSC_9140.jpg
野呂佳代
DSC_9141.jpg
野呂佳代
DSC_9149.jpg
野呂佳代
DSC_9153.jpg
安座間美優
DSC_9156.jpg
安座間美優
DSC_9302.jpg
籠谷さくら
Z6J_0353.jpg
籠谷さくら
Z6J_0380.jpg
籠谷さくら
DSC_9175.jpg
朝木ちひろ
DSC_9179.jpg
朝木ちひろ
DSC_9190.jpg
奈月セナ
Z6J_0483.jpg
奈月セナ
DSC_9192.jpg
高木悠暉「マッチングアプリでも相手と誠実に向き合っていくことが大切だと感じた」
DSC_9208.jpg
秦野浩孝「この作品を観ている方が共感できる部分があればいい」
DSC_9224.jpg
小川紘司「実際にあった話ということで責任感を持って演じた」
DSC_9237.jpg
西佑一郎「バツイチでも勇気を出して恋愛をしてみればいい」
DSC_9247.jpg
田中克憲「これだけ登壇者が多い舞台挨拶は初めて」
DSC_9265.jpg
札内幸太「野呂佳代さんの不倫相手役です」
DSC_9275.jpg
あべまみ
DSC_9280.jpg
あべまみ

[写真・記事:Jun Sakurakoji]