ヴェネチア映画祭出品作ともなっている、オダギリジョー長編初監督作品『ある船頭の話』(9月13日公開)に、まさか過ぎるキャストの追加発表があった。

オダギリジョー監督「幼馴染と、今一番興味のある顔」

一癖も二癖もある、客人を熱演

このたび、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーと、同じくお笑いコンビの次長課長の河本準一が本作に出演していることが明らかになった。
くっきーは、軽快に楽器を鳴らしながら祭りに向かう楽団員を演じる。派手な衣装を身にまとい、立派な口髭をたくわえた装いから、強烈な個性を持ったキャラクターであることが想像できる。
河本は、オダギリが以前に監督した中編映画『さくらな人たち』(09年)で主演を務めており、本作では橋の建設に携わる建設作業員を演じる。
オダギリ監督による期間限定の映画公式Instagramでは「河本くんは幼馴染でもあり、前監督作『さくらな人たち』の主演でもあり。くっきーさんは、今一番興味のある顔であり。」と投稿された通り、この意外性に溢れたふたりの個性が、世界三大映画祭であるヴェネチア国際映画祭正式出品となった『ある船頭の話』でどのように描かれているのか、期待は募るばかりだ。

ある船頭の話
くっきー(野性爆弾
ある船頭の話
河本準一(次長課長)

映画『ある船頭の話』

文明の波がひたひたと押し寄せ、新しいものが古いものに取って代わろうとしている山奥の村を舞台に、「本当に人間らしい生き方とは何か」を世に問う問題作が完成した。主人公の船頭トイチを演じるのは日本を代表する名優・柄本明。ヒロイン役には川島鈴遥を抜擢。そして村人・源三役には、若手実力派・村上虹郎が出演。この他にも本作が初長編監督となるオダギリジョーのもとに超豪華なキャスト、さらに国際派スタッフが集結。撮影監督にクリストファー・ドイル、衣装デザインには『乱』で米アカデミー賞®を受賞したワダエミ、そして世界を舞台に活躍するピアニスト、ティグラン・ハマシアンが映画音楽に初挑戦。そして8月28日より開催される第76回ヴェネチア国際映画祭ヴェニス・デイズ部門(コンペティション)への正式出品が決定。監督オダギリジョーが一流の才能を集め、比類なき作家性を発揮し、圧倒的な映像美と音楽で描く、極上の物語が誕生した。

【STORY】 橋の建設と川上から流れてきた少女が、静謐だった船頭の日々を変えていく──
近代産業化とともに橋の建設が進む山あいの村。川岸の小屋に住み船頭を続けるトイチは、村人たちが橋の完成を心待ちにする中、それでも黙々と渡し舟を漕ぐ日々を送っていた。そんな折、トイチの前に現れた一人の少女。何も語らず身寄りもない少女と一緒に暮らし始めたことで、トイチの人生は大きく狂い始める―。

脚本・監督:オダギリ ジョー
出演:柄本明、川島鈴遥、村上虹郎/伊原剛志、浅野忠信、村上淳、蒼井優/笹野高史、草笛光子/細野晴臣、永瀬正敏、橋爪功
撮影監督:クリストファー・ドイル 衣装デザイン:ワダエミ 音楽:ティグラン・ハマシアン
配給:キノフィルムズ/木下グループ © 2019「ある船頭の話」製作委員会
公式HP:http://aru-sendou.jp
公式TW:twitter.com/sendou_jp
公式FB:facebook.com/sendou.jp
公式Insta:instagram.com/sendou.jp

9月13日(金)より新宿武蔵野館ほか全国公開