フラワーカンパニーズ書き下ろし主題歌

9月6日(金)に公開が決定した草彅剛主演×市井昌秀監督(『箱入り息子の恋』)の最新作『台風家族』の主題歌に、フラワーカンパニーズの本作書き下ろし楽曲「西陽」が決定、その楽曲が使用された15秒の特報映像も解禁となった。合わせて、フラワーカンパニーズボーカルの鈴木圭介と、『台風家族』の市井昌秀監督からコメントも到着。

同作は市井監督が構想から12年間あたためてきた“両親への想い”を形にしたオリジナルストーリー。銀行強盗を企て2000万円の大金と共に忽然と姿を消してしまった両親の“なんちゃって”葬儀を行うために、10年ぶりに集まったきょうだい達の、愛おしくも、めまぐるしい夏の一日の物語。

市井監督からのラブコールを受け、完成前のラッシュをみたフラワーカンパニーズのメンバーは快諾し楽曲を書き下ろし。
市井監督からの「攻めて下さい」との依頼に、作詞・作曲を手がけた鈴木圭介は「作品を観たその興奮と感触を忘れないうち」に製作、「結果、自分の事を歌ってしまいました」とコメントした。
15秒特報は、騒がしい台風の一日の中駆け抜けた、本作にぴったりのアップテンポな映像となっている。
また、本楽曲は、9月4日リリースの、フラワーカンパニーズ最新アルバム「50×4」の中に収録されており、本特典映像にて音源初解禁となる。

『台風家族』特報(15秒)

コメント到着!

フラワーカンパニーズ・鈴木圭介(Vocal)
オファーを頂いて、ラッシュを一回だけ物凄く集中して観て、その興奮と感触を忘れないうちに曲にしました。歌詞は映画の内容に沿わせ過ぎず、かつ離れすぎないように書きましたが、結果、自分の事を歌ってしまいました。偶然ながら同じ鈴木家だし、監督のOKが出たので大丈夫だったんですよね(笑)?

市井昌秀監督コメント
「攻めて下さい」そうお願いしたら、フラワーカンパニーズさんは泥臭く繊細な持ち味を残しつつも、自らの「好き」に忠実な曲を産み出してくれました。
それは僕が、自らの「好き」に忠実な映画を作ったことと同じです。
主題歌「西陽」が映画「台風家族」とこんなにも溶け合っているのは、そこにあると勝手に思っています。

フラワーカンパニーズ プロフィール

フラワーカンパニーズ

1989年結成。名古屋出身、“日本一のライブバンド”通称フラカン。
Vocal:鈴木圭介、Bass:グレートマエカワ、Guitar:竹安堅一、Drums:ミスター小西の4人組。
“自らライブを届けに行く事”をモットーにメンバー自ら機材車に乗り込みハンドルを握り、年間100本近い怒涛のライブを展開、楽曲「深夜高速」が多数のミュージシャンにカヴァーされるなど、その活動が注目され話題に。
2015年12月、結成26年目にして自身初となる日本武道館公演を開催、大成功を収めた。
2017年9月6日、新たに立ち上げたニューレーベル、チキン・スキン・レコードより、16枚目となるフルアルバム『ROLL ON 48』を発売。
2019年4月23日「メンバーチェンジ&活動休止一切なし」4人揃って結成30周年を迎えた。

☆フラワーカンパニーズ最新アルバム
17th full album『50×4』
2019年9月4日(水) release
XQNG-1003/価格:2778円(税抜)3000円(税込)/発売元:チキン・スキン・レコード
フラワーカンパニーズオフィシャルサイト
フラワーカンパニーズ公式Twitter
フラワーカンパニーズ公式Facebook
フラワーカンパニーズ公式Instagram
フラワーカンパニーズ30周年特設サイト

フラワーカンパニーズ

映画『台風家族』

出演:
草彅 剛 MEGUMI 中村倫也 尾野真千子
若葉竜也/甲田まひる 長内映里香 相島一之 斉藤暁/榊原るみ・藤竜也
監督・脚本:市井昌秀(『箱入り息子の恋』)
主題歌:フラワーカンパニーズ「西陽」(チキン・スキン・レコード)  音楽:スパム春日井
配給・製作:キノフィルムズ  ©2019「台風家族」フィルムパートナーズ  /PG-12
オフィシャルサイト:http://taifu-kazoku.com/

2019年9月6日(金)全国ロードショー