累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とした、映画『惡の華』(9月27日(金)全国公開)の本ビジュアルと予告編が解禁となった。

「契約させてやるのは私だろうが、ド変態野郎」玉城ティナの恫喝に伊藤健太郎うっとり!?

惡の華
『惡の華』本ビジュアル

予告は、鬱屈とした春日(伊藤健太郎)の独白から始まる。山々に囲まれた窮屈な街、退屈な日常の中に突如現れた「仲村さん」という存在がより際立つような幕開けだ。
この90秒の予告編で垣間見えるのは、少年少女のパワフル且つ危うい変態性。屋外でパンツを脱がされる場面や、虚ろな目でライターを握りしめるヒロイン 仲村(玉城ティナ)、その孤高のヒロインが頭上から吐き捨てる「全身〇〇〇野郎」という衝撃的なセリフ。従来のキラキラした青春映画とは確実に一線を画すようなシーンの連続だが、「変態」の裏に潜む2人の深い闇も見え隠れし、物語がこの先どのような展開を見せるのか興味深い内容となっている。
さらに、先日主題歌を手掛けることが発表されたばかり、リーガルリリーの新曲「ハナヒカリ」も要チェック。春日と仲村の物語にそっと寄り添う優しい音楽をいち早く聴くことができる。
また、予告編の最後には今まで観たことの無いような伊藤健太郎と玉城ティナの姿も。豪快に足を組む仲村と恍惚とした表情を浮かべる春日、特に原作ファンにはたまらないであろうシーンが用意されており、ラストまで目の離せない予告編に仕上がっている。

予告編

原作「惡の華」は、別冊少年マガジンに2009年から5年間に渡って連載され、「このマンガがすごい!2011」にランクイン、「マンガ大賞2012」にもノミネートされ、コミック連載中にはテレビアニメ化・2016年に舞台化を果たしている。

映画『惡の華』

【ストーリ―】
あの夏、僕は仲村さんと出会い、リビドーに目覚めた。
山々に囲まれた閉塞感に満ちた地方都市。中学2年の春日高男は、ボードレールの詩集「惡の華」を心の拠り所に、息苦しい毎日をなんとかやり過ごしていた。ある放課後、春日は教室で憧れのクラスメイト・佐伯奈々子の体操着を見つける。衝動のままに春日は体操着を掴み、その場から逃げ出してしまう。その一部始終を目撃したクラスの問題児・仲村佐和は、そのことを秘密にする代わりに、春日にある“契約”を持ちかける。こうして仲村と春日の悪夢のような主従関係が始まった・・・。
仲村に支配された春日は、仲村からの変態的な要求に翻弄されるうちに、アイデンティティが崩壊し、絶望を知る。
そして、「惡の華」への憧れと同じような魅力を仲村にも感じ始めた頃、2人は夏祭りの夜に大事件を起こしてしまう・・・

伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ
北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか
高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾

原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載)
監督:井口昇  脚本:岡田麿里
主題歌:リーガルリリー「ハナヒカリ」
製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会
公式サイト:akunohana-movie.jp
公式Twitter:@akunohana_movie

9月27日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー