こはく
根岸撮影監督/大橋彰(アキラ100%)/井浦新/車谷浩司(Laika Came Back)/横尾監督

俳優・井浦新と大橋彰(お笑い芸人・アキラ 100%)が初共演で兄弟役に挑んだ映画『こはく』。幼い頃に別れた父を捜す兄弟が、「家族」を知り「愛」を知っていく感動の物語。劇中、アキラ100%がいつもと180度違い、俳優として圧巻の名演を披露。
7月6日、シネマート新宿にて初日舞台挨拶が行われ、主演の井浦新、大橋彰(アキラ100%)、そして主題歌担当の車谷浩司(Laika Came Back)、横尾初喜監督が登壇した。
舞台挨拶のトークでは、観客の涙腺を刺激する!と評判のクライマックスの慟哭シーンについて語った。

舞台挨拶レポート

横尾初喜監督
この作品の物語は半分自分の自伝をベースにしたものです。自分は父のことを覚えていないながら、この撮影の旅をさせてもらって、井浦新さん、大橋彰さん、根岸撮影監督と共に自分も父親探しの旅ができたのかなって、作品を作り終えた今すごく実感しています。
この作品のテーマは“優しさの多様性”です。優しさの中には弱い優しさもあり、強さを持つ優しさもあって、それらが一体となって家族という形を作っているんだなと、(撮影を通して)自分も学ばせていただきました。
この映画をご覧になって、家族の大切さを感じていただければすごく嬉しいです。

こはく
横尾初喜監督

– クライマックスシーンについて

井浦新(広永亮太 役)
そのシーンの撮影の数時間前から、彰さんはもうサナギみたいになって、まったく僕らの前には出てこなくなって、相当張り詰めていて目つきとかもう変わっちゃってました。その状態にいきなり本番に向かっていくというのは、これは兄ちゃん、とんでもないところまでいくなっていうのも準備の段階から確信持ってました。
そんな中で、自分はどう楽しもうかという方向にだんだん変わっていきました。
そのシーンでは、弟が初めてお兄ちゃんの本当の姿を見ることになったりするのかなと思います。兄弟の関係をここで一度完結させないといけない、父親という存在もあったんですけど、僕はやっぱりその前に兄の背中の存在を感じて、いろんな思いをもってやらせていただきました。
彰さんがこのシーンであれだけ爆発してもらわなければ、絶対に生まれなかったシーンだろうなとはほんとに思います。

こはく
井浦新

大橋彰(アキラ100%)(広永章一 役)
(映画出演は)初めての経験でもありましたし、こんなにいい役で映画に出させていただいて、ほんとに良かったなと思います。

こはく
大橋彰

井浦新(広永亮太 役)
役者としての彰さんはこれからも是非見たいですよ。これから映画をご覧になる方は、まだちょっと裸のイメージしかないかもしれませんけど(笑)、(彰さんの演技は)ほんとにスゴイんですから、是非味わってください。

舞台挨拶の続きは動画でどうぞ!

フォトギャラリー

P1388438.jpg
Z6J_3078.jpg
Z6J_3098.jpg
Z6J_3127.jpg
P1388398.jpg
井浦新
P1388408.jpg
大橋彰(アキラ100%)/井浦新
P1388411.jpg
大橋彰(アキラ100%)/井浦新
P1388414.jpg
井浦新
P1388417.jpg
大橋彰(アキラ100%)
P1388431.jpg
大橋彰(アキラ100%)/井浦新
P1388381.jpg
車谷浩司(Laika Came Back)
P1388440.jpg
根岸憲一撮影監督/大橋彰(アキラ100%)
P1388369.jpg
横尾初喜監督
P1388444.jpg
車谷浩司(Laika Came Back)/横尾初喜監督

映画『こはく』

「人は孤独とよ」 幼いころ突然姿を消した父を求め、兄弟で必死に探し歩く長崎の街。
それは“家族”とは何かを知るための“心の旅”だった。
二人が行きついた慟哭のクライマックスは観る者の心を鷲掴みにする…!

長崎で父の残した工場を継いだ弟・亮太(井浦新)と、職に就かない虚言癖のある兄・章一(大橋彰)。ある日章一が放った「父さんのこと、見たとよ」の言葉に心動かされた亮太が、兄弟で父親捜しを始める所から物語が始まります。
兄弟を女手ひとつで育てた母親(木内みどり)、亮太に献身的な愛情を注ぐ妻(遠藤久美子)、そして父親探しの途中で出会う人々や父の過去を知る人々など、兄弟を取り巻く人間模様を切なく映し出します。
父を探す過程で、家族を知り、愛を知っていくふたり。そして彼らがたどり着いた先は――。

出演:井浦新 大橋彰(アキラ 100%) 遠藤久美子 嶋田久作 塩田みう 寿大聡 鶴田真由 石倉三郎 鶴見辰吾 木内みどり
原案・監督:横尾初喜 配給:SDP
(C)2018「こはく」製作委員会
公式サイト:www.kohaku-movie.com

7/6(土)よりユーロスペース、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

[動画・写真・記事:Jun Sakurakoji]