この世界の(さらにいくつもの)片隅に

12月20日(金)公開、新作劇場アニメーション映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』。この度、場面写真解禁、ムビチケ発売が決定した。ムビチケ特典は2種あり、オリジナル葉書と、もうひとつは、海洋堂製オリジナルフィギュア(絵コンテ ver.)付きだ。(フォトギャラリー)

場面写真解禁

この度、解禁される場面写真では、すずとリンが二葉館の前で語らう場面や、神妙な面持ちのすずが白い息を吐きながら雪を踏みしめるシーンの他、本作より初登場となる新キャラクターの“テル”の姿が初披露となる。
すずとリン、そしてテルが本作でどう描かれていくのか。本作への期待が一層膨らむ場面写真だ。

main_さらにいくつもの-s.jpg
sub1_さらにいくつもの片隅に-s.jpg
sub2_さらにいくつもの片隅に-s.jpg
sub3_さらにいくつもの片隅に-s.jpg
sub4_さらにいくつもの片隅に-s.jpg
いくつもの片隅に_12.20表記ティザービジュアル-s.jpg

ムビチケカード(オリジナル葉書特典)

“すず”と“リン”が描かれたオリジナル葉書き

7月12日(金)より、一部の上映劇場とメイジャーWEBサイトにてムビチケカードの発売も決定した。
ムビチケカードはペア券とシングル券の2種が用意されており、異なった絵柄のオリジナル葉書き(非売品・数量限定)が特典としてそれぞれに魅力を添えている。
ペア券のムビチケカードには、すずとリンが一人ずつ描かれ、付属の台紙に2枚のカードを差し込むと二人が寄り添うビジュアルが完成する仕様。
特典のオリジナル葉書きは、今回解禁となった二葉館の前で語らうすずとリン、そして、すずがりんどう柄の茶碗を空にかざす姿が描かれており、2人の運命的な出逢いを感じさせるセットになっている。
また、シングル券の特典オリジナル葉書きには、すずの少し困惑したような瞳と、リンの達観した眼差しが桜の花びらの中で揺れる、新たな場面写真が描かれている。
いずれも新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が持つ“大切な誰かを想う”複雑な想いの一端を感じるセットだ。
ムビチケの発売に併せ、新場面写真が追加された第2弾ティザーチラシも、全国劇場他にて配布開始となる。

ムビチケ情報_いくつもの片隅に

ムビチケカード(海洋堂製オリジナルフィギュア)

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』×海洋堂製フィギュア

☆ローソン・ミニストップ Loppi オリジナルセット☆

さらに、10月1日(火)より販売となるのは、全国のローソン・ミニストップにて、映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』海洋堂製オリジナルフィギュア(絵コンテ ver.)付ムビチケカード。
フィギュア業界では群を抜いたクオリティで、高い評価と販売実績を誇る海洋堂の造形作家、香川雅彦氏と松本栄一郎氏が映画の世界観にリスペクトを込めながら、想像と創造を駆使し原型制作を行った逸品だ。
ラインナップは「すずさんと晴美さん」「献立を考えるすずさん」「スケッチをするすずさん」「すずさんと周作さん」の4種類。
映画の印象的なシーンを掌サイズに凝縮したこの4体とムビチケカード(シングル券・特典葉書きなし)をセットにして、特装ボックスでお届けする。また、ムビチケカードが付かないフィギュアのみでの販売もローソン・ミニストップ限定で行う。
どのアニメーション作品にも、産声をあげる過程に必要なのが絵コンテの制作。勢いのある線で物語がひとつひとつ紡がれていくその様と、鉛筆で描いたような濃淡を塗装で表現している。

いくつもの片隅に×海洋堂絵コンテVerフィギュア4体セット
左から「すずさんと晴美さん」「献立を考えるすずさん」「スケッチをするすずさん」「すずさんと周作さん」

(1) 海洋堂製オリジナルフィギュア(絵コンテ ver.)4種類付き一般ムビチケコンビニ券セット
販売価格:5,000円(税込)
※一般=高校生以上
※シングル券のみの取り扱い。
※特典の“オリジナル葉書き”は付きません。
※ローソン、ミニストップのLoppiにて申込み後、レジにて「ムビチケコンビニ券」がお受け取り頂けます。
こちらの前売券は、ご希望の劇場HPで事前に座席選択ができるムビチケコンビニ券となります。

(2) 海洋堂製オリジナルフィギュア(絵コンテ ver.)4種類セット
販売価格:3,800円(税込)
※ムビチケコンビニ券は付きません。

■受注期間:10月1日(火)~
※受注終了日およびグッズ引換日の詳細は決まり次第、映画公式HPにてお知らせ。
※サイズ:全高 5.4cm(すずさんと晴美さん)
※素材:PVC/ABS
造形企画制作:株式会社海洋堂

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

クラウドファンディングから始まった小さな作品が、たくさんの方々の支えによって大きな花を咲かせ、まるでたんぽぽの綿毛のように全国に広がっていきました。
そして今、そんな映画『この世界の片隅に』を原型とした新しい物語が生まれようとしています。
すず、リン、周作・・・。それぞれの内に秘められたこぼれ落ちるほどの“想い”を、片渕須直監督はどのように映像化するのでしょうか。
新作『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は、2019年12月20日(金)の公開に向け鋭意制作中です。今後の展開もどうぞご期待下さい。

【Introduction】
国内外で高い評価を受け、2016年の公開から1日も途切れることなく900日以上にわたり上映が続けられている映画『この世界の片隅に』。本作はそんな『この世界の片隅に』に、原作の魅力的なエピソードの数々を散りばめた新作です。
すずを取り巻く人々の「さらにいくつもの人生」がより深く描かれることによって、私たちは知ることになります。
すずの中にあったほんとうの感情を。そして誰もが誰かを想い、哀しくも優しい秘密を抱えていたことに。たおやかな温もりに満ちた新たな物語が、この冬、深く沁みわたります―

【Story】
広島県・呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。
戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。
ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるものの呉ではじめて出会った同世代の女性に心を通わせていくすず。
しかし、ふとしたことをきっかけに、すずは周作とリンの過去に触れてしまう。
すず、リン、そして周作。それぞれが内に秘めた想いを抱えながら、日々を懸命に生きていた。
そして昭和 20 年の夏がやってくるーー。

声の出演:のん
細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 牛山茂 新谷真弓/ 澁谷天外(特別出演)
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊) 企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 美術監督:林孝輔 音楽:コトリンゴ プロデューサー:真木太郎 監督・脚本:片渕須直
製作統括:GENCO アニメーション制作:MAPPA 配給:東京テアトル 製作:2018「この世界の片隅に」製作委員会
©2018 こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
公式サイト:ikutsumono-katasumini.jp

この世界の(さらにいくつもの)片隅に