映画『空母いぶき』
若松節朗監督/市原隼人/本田翼/西島秀俊/佐々木蔵之介/藤竜也/深川麻衣

5月24日、かわぐちかいじ原作コミック「空母いぶき」の実写映画『空母いぶき』の公開初日舞台挨拶が、TOHOシネマズ日比谷で行われ、主演の西島秀俊、そして佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登壇した。
本作の描かれ方について、すでにさまざまな意見や議論があるが、あらためて原作者・かわぐちかいじ氏からの、本作公開に対しての手紙が披露された。(動画&フォトギャラリー)

かわぐちかいじからのお手紙

「空母いぶき」封切りに寄せて

かわぐちかいじ

「空母いぶき」を実写映画として何としても完成させるという製作陣の意志は、自衛隊を「国防」という本来の任務で、日本で初めて描くんだという強い思いだったと想像します。

映像にみなぎる緊迫感は、「国防」という重要な問題を正面から描いている迫力です。原作者としてその映像に接することができ、これ以上の本望はありません。

製作に関わったスタッフの皆様、俳優の皆様、本当にごくろう様でした。そして、ありがとうございました。

舞台挨拶中、MCがこの手紙を読み上げると、西島秀俊は、「感激しました。ほんとに嬉しいです。かわぐちかいじ先生の原作はとにかくスケールが大きくて、テーマもとても深いので、実写化するのは相当難しいと言われてきた中、今回初めて実写化するということで、企画の段階から相当高いハードルがあったと思います。その中でこの映画が完成してこうやって先生から素晴らしいお手紙をいただいて、皆さんに作品を観ていただけるのは感無量です。ありがとうございます。」とその気持ちを語った。

この作品に出演し、自身でも観た感想について、本田翼が「当たり前の日常を守ってくれる方々いるという、それだけでちょっと自分の日々が前向きになれるような、そんな気持ちに私はなりました。」と語ると、市原隼人は「人種も国も超えて、目の前で苦しんでる人を支え合うことができるような未来になってほしいなと改めて感じました。」と、キャスト自身がいろいろと考えさせられたことを明かした。

映画『空母いぶき』

映画『空母いぶき』は、5月24日(金)より、全国公開中。

舞台挨拶詳細レポート

西島秀俊と佐々木蔵之介のお茶目なやり取りが楽しい舞台挨拶のようすは動画でもご覧ください。

公開初日を迎えて

映画『空母いぶき』

西島秀俊
傑作漫画「空母いぶき」を実写化するということで、撮影前も撮影中もとても緊張しながら撮影していました。
オールスタッフ、キャスト、毎日毎日魂をこめて撮影をしました。
ようやく初日を迎えることができてほんとに嬉しく思っています。
映画は観客の皆さんに観ていただいて完成すると言われていて、僕自身もそう思ってます。
ですので、今日は緊張もしてますが、嬉しい気持ちでいっぱいです。

映画『空母いぶき』
西島秀俊

佐々木蔵之介
初日ってやっぱりドキドキするので、このように暖かい拍手で迎えていただくとほんとに報われたなと、キャストもスタッフも協力してくれた自衛隊の皆さんともこの気持を分かち合いたいなと思います。

映画『空母いぶき』
佐々木蔵之介

市原隼人
いつからか、このような役をやることが自分の中で憧れになっていました。それがひとつ叶い、とても光栄に思っています。
そして尊敬できるたくさんの役者の中に参加することが出来て心から嬉しく思っています。

映画『空母いぶき』
市原隼人

藤竜也
映画のいうものは、観客に育てていただくものだと思います。
この映画が大きく育つことを心から願っております。

映画『空母いぶき』
藤竜也

若松節朗監督
今日の公開初日、お客様の表情がどうかなと思いながらハラハラドキドキしながら参りました。

映画『空母いぶき』
若松監督/市原隼人

多くの自衛官に話を聞いて準備した

– 群司令を演じられた藤さん。西島さん・佐々木さんとのシーンを振り返っていかがですか?

藤竜也
お二人とも準備万端で臨まれていて、初日のワンカット目からもう、まるで撮影1ヶ月目のような密度の濃さ、テンション、緊張感、完璧でした。
一番驚いたのは、今の軍艦は窓が無いんですね。やっぱり海を見たいじゃないですか(笑)部屋の中は計器やスクリーンばっかり。だからもう戦況を目視するなんて時代じゃないんですね。

西島秀俊
今回、ほんとにたくさんの自衛官の方にお話を聞くことができて、事前の準備をたくさんさせていただいて、この場を借りて感謝を申し上げたいと思います。
お話はもちろんですけど、護衛艦に乗せていただいたり、この作品のために多く力を尽くしていただきました。

唯一の女性、そして映画オリジナルキャラクターを演じること

– 本田さんはいぶきに乗り込む唯一の女性ということで、本田さんのメッセージがこの作品のエンディングに向かってのとても重要なポイントとなる役どころでした。

本田翼
私の役は原作にはいない、この映画のオリジナルキャラクターだからこそ、その意味、自分の役割というものをきちんと見つけて、それをやり通さないといけないなという気持ちで撮影に臨みました。
観てくれた方が、私の演じたキャラクターがいることでこの映画が観やすくなったと思っていただけたら幸せです。

映画『空母いぶき』
本田翼

先人を敬い、未来に繋げていく

– 市原さん、初日を迎えられて改めていかがですか?

市原隼人
これは何度も言っていることなんですが、今の時代、“大義”っていうものがないです。なんのために生まれて、なにをしなければいけないってことも、(誰からも)言われない時代ですから。なので、自分をそれを見出さなければいけない、ある意味“酷”な時代なんです。その中でも明確なのは、“繋げること”と“信頼”だと思うんです。先輩がたが作ってきた時代を敬いながら、これから生まれるであろう命、長い人生を生きる子どもたちに繋げていくことが重要だと思います。
この作品の中でも、それぞれが勇姿を見せているんです。
さまざまな場面をどんな気持ちで受け取り、判断していくのか、その勇姿を是非感じていただいて、胸に残していただけたら幸いです。

中井貴一のこだわりたっぷりのコンビニシーン

– 緊張感溢れる作品の中で、深川さんが登場するシーンはオアシスのようなホッとできるシーンになってますが、中井貴一さんとの共演はいかがでしたか?

深川麻衣
大先輩なのですごく緊張していたんですけど、カメラが回るたびに中井さんからアドリブが飛び出して、とても朗らかな空気感の中で撮影ができました。
劇中に出てくるメッセージーカードも、中井さんが監督と相談しながら直筆で書かれてました。また、耳栓が出てきますが、あれは中井さんのマイ耳栓です。
中井さんのこだわりがいろいろありますので、コンビニのシーンも是非注目して観てみてください。

映画『空母いぶき』
深川麻衣

最後にメッセージ

若松節朗監督
戦争という材料を借りているんですけども、その先に見据えるものは平和。平和をみんなで考えていただきたいという思いで作りました。多くの人に観ていただきたいというのが本音です。

藤竜也
僕は、もう150本くらい映画には出てますが、ヒットしたのは6本くらいですかね(笑)
やっぱりここでね、一度ヒットの幸せというものを味わってみたいなぁ。もう少しですよね、監督?

若松節朗監督
はい!

深川麻衣
観終わった後に、ふだん友だちとご飯を食べたり、家族と出会えたりとか、そういう時間をより大事にしようと思える作品になっていると思います。皆さんが劇場を出た後になにか心にあるものがあったら嬉しいです。

市原隼人
この作品を通して、もし、自分の周りで窮地に立たされている方がいて、それが赤の他人であっても、その人を助けることができるかどうかを考えさせられました。
人種も国も超えて、目の前で苦しんでる人を支え合うことができるような未来になってほしいなと改めて感じました。

本田翼
当たり前の日常を守ってくれる方々がいるという、それだけでちょっと自分の日々が前向きになれるような、そんな気持ちに私はなりました。そんな感想を周りの方々に伝えていっていただけたら幸いです。
この『空母いぶき』という映画に興味を持ってくださる方が一人でも多く増えてくれたら嬉しいです。よろしくお願いします!!

佐々木蔵之介
かわぐちかいじ先生が取材で、この原作漫画を描いたことについて「怖さというものをとても大切にしたい。怖さを感じてほしい。」とおっしゃっていました。戦争が起きた時、武器や人間、いろんな種類の怖さがあると思います。僕はこの映画に参加する時にやはりちょっと怯みました。今日初日を迎えて、このように大勢のお客様の前に立たせていただいて、この艦(ふね)に乗って良かったなと感謝していますし、誇りに思っています。

西島秀俊
この映画に関わって、実際に出来上がった作品を観て、今自分が毎日平和に楽しく過ごしているのは、そこには平和を守ってくださっている人たちがいるんだなと、改めて実感しました。
この映画をご覧になった皆さん、映画館を出て、平和な街を見たその時に、改めて今の平和の大切さ、かけがえのなさを感じていただけたらほんとに嬉しいです。
そしてもしできたら、自分の大切な人に連絡をしていただいて、大切な人との平和を一緒に感じていただけたら嬉しいです。

映画『空母いぶき』

フォトギャラリー

Z6G_4161.jpg
Z6G_4168.jpg
Z6G_4190.jpg
Z6G_4199.jpg
Z6G_4204.jpg
Z6G_4206.jpg
Z6G_3818.jpg
Z6G_3947.jpg
Z6G_4143.jpg
Z6G_3780.jpg
Z6G_3789.jpg
Z6G_3919.jpg
Z6G_3998.jpg
Z6G_4136.jpg
Z6G_3806.jpg
Z6G_3809.jpg
Z6G_3989.jpg
Z6G_4003.jpg
Z6G_4125.jpg
Z6G_3923.jpg
Z6G_3754.jpg
Z6G_3773.jpg
Z6G_3793.jpg
Z6G_3796.jpg
Z6G_3822.jpg
Z6G_3827.jpg
Z6G_3838.jpg
Z6G_3842.jpg
Z6G_3846.jpg
Z6G_3859.jpg
Z6G_3864.jpg
Z6G_3904.jpg
Z6G_3932.jpg
Z6G_3963.jpg
Z6G_4008.jpg
Z6G_4015.jpg
Z6G_4025.jpg
Z6G_4047.jpg
Z6G_4050.jpg
Z6G_4054.jpg
Z6G_4059.jpg
Z6G_4091.jpg
Z6G_4097.jpg
Z6G_4105.jpg
Z6G_4112.jpg
Z6G_3769.jpg
Z6G_3876.jpg
Z6G_3889.jpg
Z6G_3966.jpg
Z6G_3970.jpg
Z6G_3972.jpg
Z6G_3975.jpg
Z6G_3979.jpg
Z6G_4039.jpg
Z6G_4044.jpg
Z6G_4063.jpg
Z6G_3951.jpg
Z6G_3847.jpg
Z6G_3853.jpg
Z6G_3865.jpg
Z6G_3868.jpg
Z6G_3940.jpg
Z6G_3956.jpg
Z6G_3895.jpg
Z6G_4032.jpg
Z6G_3901.jpg
Z6G_4017.jpg
Z6G_4020.jpg

[写真:Ichigen Kaneda、動画・記事:Jun Sakurakoji]

映画『空母いぶき』

国籍不明の軍事勢力から突如、攻撃を受けた日本。国民の命と平和が脅かされたとき、日本はかつて経験したことのない24時間を迎える―。
初の防衛出動を命じられた最前線の自衛官たち、総理大臣を中心とする政治家や官僚、そして、ジャーナリストや一般市民は、それぞれ日本人として何を考え、何を選択するのか。その一つ一つの行動がこの国の未来をつくる―。

【出演】
西島秀俊 佐々木蔵之介
本田翼 小倉久寛 髙嶋政宏 玉木宏 戸次重幸 市原隼人 堂珍嘉邦 片桐仁 和田正人 石田法嗣 平埜生成 土村芳 深川麻衣 山内圭哉
中井貴一 村上淳 吉田栄作 佐々木勝彦 中村育二 益岡徹 斉藤由貴 藤竜也 佐藤浩市
【原作】かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)
【企画】福井晴敏 【脚本】伊藤和典 長谷川康夫 【音楽】岩代太郎 【監督】若松節朗
【製作】『空母いぶき』フィルムパートナーズ 【配給】キノフィルムズ
【公式サイト】kuboibuki.jp
©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

全国公開中