女の機嫌の直し方
平岡祐太/早見あかり/松井玲奈/佐伯大地/有田駿介監督

5月22日、スペースFS汐留(東京・新橋)で、映画『女の機嫌の直し方』の完成披露舞台挨拶が行われ、早見あかり、平岡祐太、松井玲奈、佐伯大地、有田駿介監督が登壇。
本作では「女性のイライラ」が、脳科学で明確に証明されており、早見あかり「自分のイライラの原因が“言葉”でわかった。もっと早く知ってたら男女トラブル防げた」と明かした。(フォト)

島ぜんぶおーきな祭第11回沖縄国際映画祭 「おーきな観客賞」受賞

映画『女の機嫌の直し方』は、『妻のトリセツ』で話題のAI研究者・黒川伊保子氏のベストセラー『女の機嫌の直し方』を原案とした同名作品。4月に行われた「島ぜんぶおーきな祭第11回沖縄国際映画祭」では、最優秀作品に贈られる「おーきな観客賞」を受賞している。この賞は実際に作品を観た観客の投票で選ばれるグランプリで、幅広い層から高い満足度を得ている証でもある。
舞台挨拶では、ウェディングプランナー・青柳誠司役を演じた平岡祐太が、「この映画は僕たち男性が普段、“この女性はなんでこんなに機嫌が悪いんだろう?”とか、“何が彼女を怒らせてしまったんだろう?”とか、そういった疑問・謎に答えを出して解決してくれるような映画になっています。」と語り、大学でAI(人工知能)を研究する理系女子・真島愛役を演じた早見あかりも、「女性のイライラの理由が“言葉”で描かれていて、ほんとに勉強になる作品です。今、パートナーがいる方や、もしかしたらこれからできるかもしれない方。長く楽しく一緒にいられる方法を是非この作品を観て、お勉強して持ち帰っていただき、皆さんで語り合っていただけたらなと思います。」と本作の見どころを話した。

一般公開は、6月15日(土)よりユナイテッド・シネマアクアシティお台場他、全国順次。

舞台挨拶詳細レポート

女の機嫌の直し方
平岡祐太/早見あかり/松井玲奈/佐伯大地/有田駿介監督

女心を知らなかった監督が、女心を描けるようになるまで

– 女心と男心を紡いでいくというこの作品、大変だったことを教えてください。

有田駿介監督
大変なことしかなかったです。
そもそも映画そのものが初めてということもありますし、僕は「ヒルナンデス!」という主婦層をターゲットにしたお昼のテレビ番組のディレクターですが、女心がわからないということを、MCの南原清隆さんに相談して紹介してもらったのが、この映画の原作でした。
それですごい感銘を受けて、これを映画にできたらいいなと思うようになり、こうやった形になったことは非常に嬉しく思っています。

– 女心をたくさん描かなければならないこの作品の脚本の取り組みはいかがでしたか?

有田駿介監督
これがまた非常に大変でして、僕は独身で結婚にかすりもしてませんし、プロデューサーの二人はバツニ、バツイチで、もう問題ばかり(笑)
脚本家の蛭田直美さんには、「女性はそんなこと言わねぇ」とかけっこう言われました。そうやってたくさん議論した結果、皆さんに共感していただける作品になったと思います。

女の機嫌の直し方
有田駿介監督

女性のイライラの理由が“言葉”で描かれている

– この台本を読んだ時の率直な感想(理解できるところ、できないところ)をお聞かせください。

早見あかり(真島 愛 役)
まず最初に思ったのは、私はなぜこの作品に出てくる情報を知らなかったのだろうと。(もし知っていたら)今まで起きてきた男女トラブルの数々が未然に防げたのではないだろうかと。
女性特有かもですが、私自身、感情の浮き沈みが激しかったり、自分がなんでイライラしているのかわからない時があります。
それが、(本作では)明確に言葉にされています。
なので、脚本を読んだ時に、「あ、私がイライラしてモヤモヤしていた理由はこういうことだったんだ」って腑に落ちました。

女の機嫌の直し方
早見あかり

松井玲奈(北澤茉莉 役)
脚本をいただいて、自分が抱いていた感情って、この言葉にフィットするんだっていうことがほんとによく描かれていて、こんなに納得しながら脚本を読んだのは初めてでした。
顔合わせの時、どのキャストも、やっぱり共感できたとか、もっと早く知りたかったというのを、皆んな口を揃えて言ってました。

女の機嫌の直し方
松井玲奈

平岡祐太(青柳誠司 役)
この映画では共感が描かれていますが、僕もいろいろと女性を怒らせたりとか、何を考えているかわかんないと言われ続けてきたので、ほんとに早くこの作品に出会っておけばよかったなと思いましたし、実践しようと思える作品です。

女の機嫌の直し方
平岡祐太

早見あかり
どういう実践?気になる~

平岡祐太
たとえば、女性の話を聞きながら、「わかるよ」って言うようにしてます。

(会場笑)

早見あかり
正解だとは思います(笑)

松井玲奈
きっとその女性も嬉しかったと思います。

佐伯大地(北澤 悠 役)
台本を読んだ時、僕の役の“北澤 悠”が言ってること、僕も過去にいっぱい言ってるわ!って焦りました。
でも、僕は(自分の性格が)治らないので、そこにやっぱり男女の違いの難しさみたいなのを改めて痛感しました。

女の機嫌の直し方
佐伯大地

早見あかり
この作品には女性が求めているもののすべてがあると思います。

佐伯大地
目がマジですね(笑)

キャストが思う理想の夫婦像とは?

– 11月22日は“いい夫婦の日”ですが、毎月の22日も“夫婦の日”なんです。今回の映画は結婚式がテーマになっていますので、理想の夫婦像を教えてください。

平岡祐太
奥さんとは、年取ってもずっと仲良く一緒に映画を観に行きたいですね。

松井玲奈
私は、両親がそうなんですけど、すごく仲が良いというか、今でも出かける時は手をつないだり、腕を組んだりします。
いつまでもそういられる両親の背中を見た時に、素敵だなと思いました。

女の機嫌の直し方

早見あかり
私は、(夫と)4年間付き合って、結婚してからまだ半年なんですけど、手は繋がないし、腕も組まないです(笑)
(世間やマスコミに)バレちゃいけないのもあって、(繋がないのが)クセになってるかもしれません。

佐伯大地
心が繋がってるんですよね?

早見あかり
そう、そうです!(笑)

女の機嫌の直し方

佐伯大地
僕の両親もとても仲睦まじくて、最近も遊園地に行った時に二人並んで撮った写真を、家族のLINEグループに載っけたりとか、そういうことをできる夫婦でありたいなと思います。

– 早見さん、夫婦がうまくいく秘訣というか、実践されていることはありますか?

早見あかり
結婚して半年くらいのペーペーな私が言うのもあれなので、この作品を観て私が勉強になったなと思ったのは、「自分が求めるだけじゃなくて、相手の意見も尊重して、ちゃんと許容する心を持つ」ということです。
思いやりが必要だなと思いました。なので、怒ることがあっても、相手の気持ちを考えながら優しい気持ちも片隅に置いておきながら、夫婦、楽しくずっと長く一緒にいられたらいいなと思います。

男性に“レッドカード”を感じることとは?

– この作品には、レッドカード、イエローカードという言葉出てきます。女性陣は、男性のこんなところがレッドカードだということを教えてください。

早見あかり
私がイヤだなと思うのは、大切なはずの人や、家族を大切にしてくれない人。

松井玲奈
私もそれに近いですけど、「お前の友だち、ブスだな」って言われたらイヤだなと思います。

佐伯大地
そんなヤツいる?(笑)

女の機嫌の直し方

– 男性陣は自身を振り返ってもらって、今思えばレッドカードだったなと思うことはありますか?

佐伯大地
僕は、(LINEとか)既読スルーしちゃうタイプ。
こっちとしては、既読がついてるから、ちゃんと見ましたよっていうつもりなんです。

平岡祐太
ずっと話を聞いていてもオチが無いと、「で、オチは?」って聞いちゃう。
女性って、どこに着地するんだろうっていう会話が多くないですか?

松井玲奈
こういうことがあったんだよって、ただ聞いてほしいだけなんです。

早見あかり
(この作品で)もう勉強したよね?

平岡祐太
僕はもう二度とそんなことは言いません!
共感して、「わかるよ」って言います(笑)

女の機嫌の直し方

これから映画をご覧になる方にメッセージ

早見あかり
ほんとに勉強になる作品です。今、パートナーがいる方や、もしかしたらこれからできるかもしれない方。長く楽しく一緒にいられる方法を是非この作品を観て、お勉強して、持ち帰っていただき、皆さんで語り合っていただけたらなと思います。

有田駿介監督
僕が今まで付き合った女性は、ほとんどフラれてきてるんですけど、この作品の原案を読んだ時に、もっと早く読んでいれば人生が変わってしまったかもと思ったくらい、強い想いを込めて作った作品になっています。皆さんのお役に立てれば嬉しく思います。

女の機嫌の直し方

女の機嫌の直し方

映画『女の機嫌の直し方』

男と女の深い溝、埋めるカギは“脳科学”でした。

物語
大学でAIの研究をしているリケジョの真島愛(早見あかり)は、「男女脳の違いによる女の機嫌の直し方」をテーマに卒評論文を執筆中。データ収集のため、“男女トラブルの宝庫”結婚式場でアルバイトすることに。上司となった熱血ウェディングプランナー・青柳誠司(平岡祐太)とともに、あるカップル(松井玲奈、佐伯大地)の結婚式を担当するが、その会場のあちらこちらで男女トラブルが勃発!「結婚やめる!」と新婦が泣き、「余興やりたくない!」と同僚女子が叫び、親戚夫婦には熟年離婚の危機!ついには嫁姑のバトルまで…!
「女の機嫌」を直すため奔走する愛と青柳、果たしてこの結婚式、笑顔でお開きにできるの!?
ドタバタ劇は、涙、涙の、感動のフィナーレへ!

キャスト:早見あかり 平岡祐太 松井玲奈 佐伯大地 水沢エレナ 前田公輝 朝加真由美 原日出子 金田明夫
原案:『女の機嫌の直し方』黒川伊保子(集英社インターナショナル刊)
監督:有田駿介
脚本:蛭田直美
脚本協力:横澤夏子
音楽:吉川 慶
©2019「女の機嫌の直し方」製作委員会
公式サイト:http://kigen-movie.official-movie.com/

予告編

6月15日(土)よりユナイテッド・シネマアクアシティお台場他 全国順次公開

[取材・写真:Ichigen Kaneda/記事:Jun Sakurakoji]