戦時中の広島・呉を舞台にした話題のアニメ映画『この世界の片隅に』。
映画音楽を手がけた女性シンガーソングライター・コトリンゴさんが初めて呉を訪れた模様がNHKにて放送されます。
コトリンゴさんが広島県呉市を訪れたのは、2017年4月15日。翌日に、広島市内の流川教会でのライブ「『この世界の片隅に』オリジナルサウンドトラック発売記念ライブカタスミカルテット」を控えた日でした。
映画にも登場した三ツ蔵(旧澤原家住宅)や、桜の花が咲き誇る灰ヶ峰などを訪れました。
番組では、片渕須直監督のインタビューを交えて、映画の世界を彩る楽曲に込められた思い、誕生秘話を紹介。海上自衛隊・呉音楽隊とのコラボレーションや、番組だけのスペシャルライブで映画の名シーンが、よみがえります。
「♪悲しくてやりきれない」「♪みぎてのうた」「♪New day」ほか。

<放送予定>
6月2日(金)午後7:30~ NHK総合テレビ〈中国地方向け〉※鳥取県を除く
http://www4.nhk.or.jp/P4454/


灰ヶ峰から呉市街を臨むコトリンゴさん

三ツ蔵(旧澤原家住宅)

呉市役所ロビーに設置された「すずさん」と映画で声優を務めた女優のんさん(もんぺ姿)と共に。

かつて戦艦大和を造船したドックを見渡せる呉市宮原町歩道橋より。(双葉社刊『のん呉へ。 2泊3日の旅』の表紙と同じポイントだそう)
※『この世界の片隅に』©こうの史代/双葉社
灰ヶ峰(広島県呉市)頂上付近の桜並木(2017年4月15日撮影)