トラブルと笑顔に溢れた介護生活から見えるものとは?

映画『99歳 母と暮らせば』の予告編と追加場面写真が到着した。本作は、認知症を患う99歳の母を自身も71歳の映像作家・谷光章監督が介護をする姿をほのぼのと描いたドキュメンタリー。6月8日(土)より新宿K’s cinemaにて公開。

谷光監督自身が白寿を迎えた母・千江子さんと同居し寄り添いながら、日々の情景やそこで巻き起こる様々な出来事を、約一年に渡り撮影したセルフドキュメンタリー。
昼夜逆転や足腰の衰え、下の失敗など、高齢になれば殆どの人が経験するトラブルを抱えながらも、母の人生最終章を気持ち良く楽しく過ごさせるべく奮闘する家族の姿に、「人生100年時代」と言われる現代において、介護する人もされる人も共に楽しく生きるヒントが満載の映画だ。

今回解禁された予告編は、白寿を迎えた千江子さんに花束が渡される場面から始まる。
99歳とは思えない旺盛な食欲を見せる姿や、ハーモニカで「二人は若い」を披露する姿など、様々な元気でお茶目な千江子さんが映し出されている。
谷光監督が千江子さんを介護する中で飛び交うユーモラスなやり取りと四季を彩る花々も織り交ぜられ、最後は公園のベンチに並んで座ってお菓子を食べる2人の姿で締めくくられる。
また、千江子さんの元気な日常の数々が切り取られた微笑ましい場面写真も同時解禁。
夏祭りで豪快にビールを飲む場面や真剣な眼差しで化粧をする場面、自宅の庭で大きなナスを収穫する場面など、千江子さんの性格が垣間見える様子を活写。
さらには谷光監督と公園で楽しげに笑い合う2人や夜ご飯を一緒に食べている場面など、2人の絆が窺える場面も切り取られている。

予告編

映画『99歳 母と暮らせば』

【あらすじ】
認知症を患っている99歳の母。足腰の衰えも進行して一人暮らしがちょっと心配な母を介護すべく、71歳の息子が実家に移り住んだ。老老介護に四苦八苦しながらも、母の人生最終章の日々を撮影していく。日常茶飯事で起こる失敗や苦難、そして母のチャーミングな一面や日々の出来事で輝く愛おしい発見の数々。介護され、介護する人たちが共に幸せに暮らせる介護とは?生きていることの愛おしさが心に沁みるドキュメンタリー映画。

出演:谷光千江子 谷光賢 谷光育子 谷光章/小田中通子/谷光家の人々/川邊壽子/松本尚子/長田典/高橋綾子/前田由美子
協力:クローバーデイケアセンター/湘南ピュア福祉サービス/居宅介護支援事業所/わかば訪問介護ステーション/メディケアセンター
監督・企画・撮影・編集・ナレーション:谷光章 ミュージックエディター:井口明夫 サウンドエンジニア:引間保二 イラスト:はまぐり涼子
録音スタジオ:アクエリアム 製作・著作:イメージ・テン 配給: ムービー・アクト・プロジェクト 【2018/92分/DCP】
公式HP:http://99haha.net

2019年6月8日(土)より 新宿K’s cinemaほか全国順次公開!!

場面写真