愛がなんだ
若葉竜也/成田凌/岸井ゆきの/深川麻衣/今泉力哉監督

4月20日、テアトル新宿にて、直木賞作家・角田光代原作の傑作恋愛小説を映画化した『愛がなんだ』の劇場公開初日記念舞台挨拶が行われ、主演の岸井ゆきの、共演の成田凌、深川麻衣、若葉竜也、今泉力哉監督が登壇した。

舞台挨拶レポート

今泉力哉監督
昨日から劇場公開されて、色々な感想も耳に入ってきました。
『刺さった』という人もいるようで、ちゃんとお客さんに届いていることがわかって嬉しいです。

岸井ゆきの(大好きなマモルを一途に追いかける主人公・テルコ役)
原作と映画では役柄の描き方が違うので、原作未読の方は映画を観た後に原作を読んでみたら面白いかもです。

深川麻衣(テルコ唯一の親友・葉子役)
これだけの個性的なキャラクターが出ているのに、誰も悪者に見せない展開が素敵。
誰にでも共感できるのがこの映画の面白いところです。

若葉竜也(葉子に惚れるナカハラ役)
演じていて恥ずかしかったです。それは自分と通ずる部分があるから。自分の全裸を見られているようで、セリフにしても『こんなことを言ったことがあるよなぁ』と思いました。
(思い出のシーンは)BBQの撮影で成田君がブヨに刺されてすげえ血が出ていた。自分も耳を刺されてものすごく腫れあがりました(笑)

深川麻衣
(若葉さんは)寡黙で怖そうな人という印象を持っていたけれど、ナカハラ君と接していく中でけなげな人だなと。誰もが応援したくなる人です。

若葉竜也
ありがとうございます!

成田が撮影の裏側を大暴露

成田凌
(岸井さんとのキスシーンは)一発OKだったけれど、岸井さんが監督のところに行ってコソコソと。
そうしたら監督が僕のところに来て、ざっくりと説明すると『今のキスじゃ岸井さんは芝居ができねえ』と言われました。

今泉監督
そんな言い方はしていない!(笑)
でも「岸井さんからは『愛情がないのはわかるけれど、肉体すら求められていない気がする』と言われて、もう一度やってもらいました。
そうしたらものすごく熱量のあるキスシーンになってしまって『それは違う』と調整しつつやってもらいました(笑)

今泉監督
内容が刺さったという人もいるし、すすり泣いたという感想も聞きました。泣かせたい、笑わせたいという意識のないささやかな演出だが、そこから何かを感じ取ってもらうというのが理想でした。それが届いたのが嬉しいです。このキャストでなければ厳しかったはず。

岸井ゆきの
この映画を完成させるために、キャスト・スタッフ一同頑張りました。映画は続いていくものなので、明日も明後日も劇場が満席になったら…と願います。

映画『愛がなんだ』

好きと言えない、全ての人へ。
一途過ぎるアラサー女子の全力片思いラブストーリー。

原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)
監督:今泉力哉  脚本:澤井香織、今泉力哉
出演:岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子/江口のりこ
配給:エレファントハウス  コピーライト:©2019映画「愛がなんだ」製作委員会
公式サイト:http://aigananda.com/

4/19(金)よりテアトル新宿ほか全国公開中

関連記事

「まんぷく」姉妹の、岸井ゆきの&深川麻衣登壇 映画『愛がなんだ』完成披露舞台挨拶