世界中の映画祭が驚愕し、この悪夢に酔いしれた━。

史上初の全編ゲキメーション長編映画、遂に逆輸入公開!

全世界が<ガクブル>。世界各国の映画祭から絶賛を受けた映画『バイオレンス・ボイジャー』が、5月24日(金)よりシネ・リーブル池袋ほかにてロードショーされる。
日本の山奥に住むアメリカ人少年ボビーと友人のあっくんが、村はずれの山に遊びに出掛けた際に見つけた娯楽施設、バイオレンス・ボイジャー。楽しく遊んでいたはずが、次第に恐怖のアトラクションへと変貌して…。
アニメーションと漫画(劇画)を融合した表現方法であるゲキメーション作品にして、ホラー、アクション、コメディ、クライム、ドラマ、ファンタジー、ミステリー、ロマンスなど、あらゆるジャンルを詰め込んだ、史上初の全編ゲキメーション長編映画。

監督は、監督・脚本・編集・キャラクターデザイン・作画・撮影の6役を担当し、3年の歳月を掛けて本作を完成させた、孤高の天才作家、宇治茶。

主人公・ボビーの声に「魔法少女まどか☆マギカ」「ブギーポップは笑わない」などに出演した人気声優の悠木碧。

ボビーの父親・ジョージの声に、映画『みんなのいえ』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した経歴を持つ、ココリコの田中直樹。

ボビーの母・よし子の声に、VOCALOIDシリーズ 初音ミクの音声データ提供で知られる藤田咲。

ボビーの友達・あっくんの声に、声の出演経験が多く、『ドラえもん のび太の月面探査機』の公開が控えるサバンナの高橋茂雄。

ボビーとあっくんの親友・たかあきの声に、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズ、「おそ松さん」で知られ、声優の活動以外にも幅広い活躍を見せる小野大輔。

謎の娯楽施設バイオレンス・ボイジャーの運営者・古池の声に、俳優、ナレーター、映画監督とマルチな活躍の田口トモロヲなど、声優、芸人、俳優と、豪華かつバラエティ豊かな実力派が結集。

ナレーションには松本人志が特別出演。
2013年公開の監督作『R100』以来の映画作品に参加し、かつて誰も観たことのない映像世界が出来上がった。

予告編解禁!

今回解禁された予告編では、NTV「世界の果てまでイッテQ!」のナレーションでお馴染みの立木文彦氏の“世界中の映画祭が驚愕し、この悪夢に酔いしれた!”のナレーションで始まる。
続いて、本編に特別出演として参加した松本人志氏による主人公・ボビーの紹介が続く。
予告編を初見の方は、この時間で≪ゲキメーション≫の映像がどういう表現方法かが分かる仕組みになっている。
しかし、ボビーと友人あっくんが謎の娯楽施設バイオレンス・ボイジャーに足を踏み入れるシーン辺りから雲行きが怪しくなる。
謎の運営者・古池が登場し、バイオレンス・ボイジャーは次第に恐怖のアトラクションへと姿を変える。
「アクション」「ホラー」「ミステリー」「ロマンス」のテロップが出るころには、混沌とした世界へと誘われていく。
しかし、ここでまた、立木氏によるタイトルコール『バイオレンス・ボイジャー』と、キャッチコピー「全世界ガクブル」のナレーションで強引なまでの終わりを見せる。
もう、公開と同時に映画館へと走り、続きが知りたくて仕方がない予告編に仕上がっている。

場面写真

映画『バイオレンス・ボイジャー』

STORY

娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”は、恐怖のアトラクションへと姿を変えた。そして…。 

日本の山奥の村に住むアメリカ人少年のボビーは、数少ない友人のあっくんと飼い猫のデレクを連れて、村はずれの山に遊びに出かけた。その道中、娯楽施設“バイオレンス・ボイジャー”と書かれた看板を発見した彼らは、その看板に惹かれて施設を目指すことに。施設のアトラクションを堪能し、遊び疲れて休息していたところ、ボビーたちはボロボロの服を着た少女・時子と出会う。彼女は数日前からここを出られずにいると言い、行動を共にすることに。彼らはさらに、先客として迷い込んでいた村の子どもたちとも出会うが、謎の白いロボットによる襲撃を受け、子供たちたちは次々と捕獲されて行ってしまう。時子の救出とバイオレンス・ボイジャーの謎を解き明かすため、ボビーは立ち上がるのだった…!

監督・脚本・編集・キャラクターデザイン・作画・撮影:宇治茶
声の出演:悠木碧/田中直樹(ココリコ)/藤田咲/高橋茂雄(サバンナ)/小野大輔/田口トモロヲ/松本人志(特別出演)
2018 年/日本/ゲキメーション/カラー/83 分/ビスタサイズ/PG12
制作:よしもとクリエイティブ・エージェンシー・A-toys/製作:吉本興業
配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー  (C)吉本興業
公式サイト:http://violencevoyager.com

5月24日(金)より、シネ・リーブル池袋ほか<衝撃の>ロードショー!