21世紀の女の子
ゆっきゅん/枝優花監督/首藤凛監督

『21世紀の女の子』×SHIBUYA TSUTAYA

2月21日、SHIBUYA TSUTAYA 7F WIRED TOKYO にて、15人の女性監督によるオムニバス映画『21世紀の女の子』から、枝優花監督(「恋愛乾燥剤」)、首藤凛監督(「I wanna be your cat」)が登壇するトークイベントが行われた。
本イベントは、「女の子の“つくりたい”“発信したい”を全力で応援する」をテーマに、映画『21世紀の女の子』× SHIBUYA TSUTAYAによるコラボレーションとして開催。
ゆっきゅんが聞き手となり、監督らの学生時代の映画づくりの思い出が披露された。

カルチャーを学び、創造し、発信する“場”を作るプロジェクト“NEST”

プロジェクト“NEST”とは、SHIBUYA TSUTAYAで2月より始動中の、カルチャーを学び、創造し、発信する“場”を作るプロジェクト。
この日のイベントは、映画『21世紀の女の子』の企画テーマである“女性の創作活動”を掛け合わせたもの。

首藤監督はヤバイ人!?

2人共、早稲田大学の映画サークルに属していたものの、学内には8つの公式な映画サークルがあり、それぞれ別のサークルに属し、学年も違ったことから交流はなかったとのこと。
枝監督は、当時の首藤監督を「トークはかわいらしいが、ヤバい映画を撮る人」と表現。
エピソードとして、首藤監督がある映画祭で審査員の三浦大輔氏に、緊張するあまり、「大好きです!」とこたえて、三浦氏の顔を真っ赤にさせた話を明かした。

映画を撮り始めたきっかけ

枝監督は、中高生時代に役者をやっていたが、演じている自分が好きではなく、人の芝居をそばで見ている方がいいと当時の自身を振り返った。カメラの向こう側(演じる側)ではなく、こっち(カメラで撮る側)の方がよいと考え、何らかの形で映画に関われればよいと思って、この道に進んだという。

枝優花監督
枝優花監督

首藤監督は初めて撮った高校での文化祭での話を披露。イケている女子はAKB48を踊っていたが、踊ることのできない自分は、映画を撮ろうと考えたという。
しかし、あまりにもひどい出来で「人様の15分を奪った罪悪感」と表現。当時、上映後に首藤監督自身涙を流し、皆の前に出て謝ったエピソードを明かした。

首藤凛監督
首藤凛監督

映画は好きになった人のもの

枝監督は、「映画の評価を見られる時代」と表現。元気がある時はエゴサーチをするが、元気のないときは通知もオフにするという。
また、自身の映画は「公開直前・直後は自分の子供みたいで、観た人が作品を好きになったら、その人のものになる。そんな感覚」と語った。

首藤監督は、自身の作品に(良いかどうか)の確信が持てないと語った。
“いいね”って言ってもらえると、“あぁ、そうなんだ…。良かった。”と思えると胸の内を明かした。

映画の着想はどこから?

質問コーナーでは、「映画の着想はどこから?」という質問があり、枝監督は“こういうのがあったらいいのに…”とか、いつも抱えている不満や友人と話しているときのワードをメモし、そこから広げて映画を作ると答えた。映画は夢で、現実はつらいもの。“こういう人がいたらいいのに…。”といったものをかき集めることが映画作りのヒントになると語った。

女の子の“つくりたい””発信したい”を全力で応援するPOP-UP

2019年2月8日(金)〜2月28日(木) 、SHIBUYA TSUTAYAの4階にて、『21世紀の女の子』のPOP-UPを開催。作品参加監督による、影響を受けた映画作品紹介、“つくりたい”“発信したい”女の子を応援する映画/書籍の展開・『21世紀の女の子』グッズ/パンフレット販売が行われている。

会期:2019年2月8日(金)〜2月28日(木)
営業時間:午前10時〜翌26時まで
会場:SHIBUYA TSUTAYA 4F(東京都渋谷区宇田川町21-6)
内容:
・作品参加監督による、影響を受けた映画作品紹介
・“つくりたい”“発信したい”女の子を応援する映画/書籍の展開
・『21世紀の女の子』グッズ/パンフレット販売

NESTについて

SHIBUYA TSUTAYAによる、「渋谷をもっと楽しくする」プロジェクト。
2019年2月より、学びや刺激が集まり、カルチャーが育つ「巣=NEST」となる場所を目指し始動。
“NEST”がクリエイティブな若者たちの背中を押す場所であり、“NEST”を通じてSHIBUYA TSUTAYAが大きく生まれ変わることを目指している。
NEST HP:https://nestshibuya.com/

映画『21世紀の女の子』

<参加監督>
山戸結希/井樫彩、枝優花、加藤綾佳、坂本ユカリ、首藤凜、竹内里紗、夏都愛未、東佳苗、ふくだももこ、松本花奈、安川有果、山中瑶子/金子由里奈(監督公募)/玉川桜(アニメーション)

<出演者>
主演
橋本愛/朝倉あき、石橋静河、伊藤沙莉、唐田えりか、北浦愛、木下あかり、倉島颯良、黒川芽以、瀧内公美、日南響子、堀春菜、松井玲奈、三浦透子、モトーラ世理奈、山田杏奈 (五十音順)

<主題歌>
「LOW hAPPYENDROLL –少女のままで死ぬ–」(avex trax)
歌:大森靖子、平賀さち枝
作詞:大森靖子, 平賀さち枝
作曲:大森靖子
編曲:sugarbeans

©2019「21世紀の女の子」製作委員会
【公式HP】21st-century-girl.com

2019年2月8日よりテアトル新宿、2月15日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開