ちゃんとした彼氏、欲しいです。

テレビドラマ「おっさんずラブ」やMOOSIC LAB 2018【短編部門】で審査員特別賞・観客賞・最優秀男優賞受賞の映画『日本製造/メイド・イン・ジャパン』などの映像を中心に活躍中の土山茜と、CM、モデルとして活躍中の笛木陽子が、高学歴の恋愛不器用女子と恋愛スペック高の器用女子役で、会社の給湯室で本音女子トークを炸裂させるラブコメ短編映画『不器用な彼女』が3月16日より下北沢トリウッドにて公開されることが決定した。

それぞれの相手役で、ビートたけしに命名され、今年1月にデビュー曲「バブリー革命〜ばんばんバブル〜」がオリコンデイリーチャート1位となった、トランスポップロックグループ”ジュリアナの祟り”のメンバー・江夏亜祐と佐川ネル秋吉が映画初出演。
そして、上田慎一郎監督(『カメラを止めるな!』)の新作長編映画への出演が発表されたばかりの川口貴弘が課長役で脇を固める。

本作の主題歌「あーもー!アモーレ」は、ジュリアナの祟りが担当。作詞作曲は本編で俳優デビューの江夏亜祐。
主題歌を含むアルバム「あーもー!アモーレ〜アイツのタタリ〜」は3月12日に日本コロムビアよりリリースされる。

不器用な彼女

コメント到着!

前田莉子役・土山茜

初めて台本を読んだとき、赤裸々な女子の会話に動揺しましたが、どこか聞いたことある・思ったことがある人もいるのじゃないかと感じました。
上手くいかないことは私が悪いんだと、どこか自分を卑下してしまいながらあーだこーだ思うことを投げかけ合ってる毎日の中で、二人の男性に出会う。その「日常の蓄積」を大事にしようと現場に臨みました。
クセのある登場人物ばかりですが、どこか共感できる部分があるかもしれないですし、こんな恋愛したことない!という方には不器用恋愛の参考書として見て頂きたいです。

川口課長役・川口貴弘

「不器用な彼女」の魅力は、脚本がちゃんとした裏付けのもとオリジナルで書かれているシュールさにあると思います。
男性が聞いたら疑ってしまうようなセリフを、外見の可愛いい女子や優秀な学歴を持つ高学歴女子が平然と話しているところに驚きと危険さ、そして面白さがあるように感じます。
その女性陣を迎えるのは、今回の映画が初出演となるジュリアナの祟りのお二人、、、演技も初めてとなりますが、演技経験のある凝り固まった演技ではなくとてもフレッシュで、自然な在り方が女性陣とマッチし、絶妙なズレやぎこちなさに繋がりイキイキしたシーンに仕上がっていると思います。
清水監督はセリフの意味合いが崩れないように、細心の注意を払いながら役者の意見を柔軟に取り入れる方なので、役者の方々が自由に演技に臨まれていて、とてもいい現場の雰囲気になってました。

映画『不器用な彼女』

あらすじ

29歳の高学歴女子OL・莉子(土山茜)は、自分が恋愛不器用なせいで彼氏ができないことを気にしている。
同じく29歳の同僚の美人OL・美希(笛木陽子)は、モテるが理想スペックが高すぎて恋愛が長続きしない。
そんなふたりはいつも仕事もそこそこに給湯室で恋愛トークを炸裂させている。
そんな時、上司・川口(川口貴弘)が設定した合コンがきっかけで、ふたりは同じ会社の高スペック男子・清水(江夏亜祐)と優しさが売りの料理男子・田中(佐川ネル秋吉)と実恋愛が始まることに。
莉子と美希は幸せになれるのか・・・?!

出演:土山茜 笛木陽子 江夏亜祐 佐川ネル秋吉 川口貴弘
原作・脚本・監督:清水佳代子 撮影監督:外山国義
製作・配給:アクアムンダアンドアソシエイツ (c)アクアムンダアンドアソシエイツ
公式Twitter:@bukiyounakanojo
公式facebook:@bukiyounakanojo

3月16日(土)より下北沢トリウッドにて公開他全国順次

不器用な彼女

不器用な彼女