2016年9月発売のファースト写真集から約2年5ヶ月ぶりとなる写真集

グループから初の小説家デビュー作「トラペジウム」も現在大ヒット中

乃木坂46メンバー初の小説家デビューを果たし、処女作「トラペジウム」が話題を集めている高山一実。
その2nd写真集(タイトル未定)が2月26日(火)全国順次発売される。

元々、グループきってのバラエティキャラとして知られてきた高山一実は、同時にグループきっての愛されキャラでもあり、最近ではMCなどでもマルチな才能を発揮している。
「愛しさ」をテーマに撮影した本写真集は、地元・千葉から離れ、遠く北欧・フィンランドの港町・ヘルシンキが主な舞台。
高山一実が乃木坂46加入直後から、いつか行きたいと願っていたという。
「ずっと憧れていた街に到着した瞬間の私の気持ちが、どうなるのか。それを考えているこの瞬間までも楽しいです」
撮影前に、こう語っていた高山一実。
図書館を探検し、トラム(路面電車)ではしゃぎ、老夫婦とバーで盛り上がり、静謐な大聖堂に佇み、そして旅はヘルシンキから古都ポルヴォー、森と湖の町ハメーンリンナへ続いていく。
本写真集では、均整の取れたボディラインが美しい水着姿やランジェリーも披露。
美しい一遍の小説のような、叙情的な作品となった。

高山一実

高山一実

高山一実

<商品情報>
商品名:高山一実写真集「タイトル未定」
発売日:2019年2月26日(火)より全国順次発売
予価:本体1800円+税
撮影:嶌村吉祥丸
版型:B5判変型/小冊子付き
発売元:株式会社 徳間書店
商品ページ https://www.amazon.co.jp/dp/4198647909

<高山一実 2nd写真集オフィシャルSNSアカウント>
Twitter @takayama_tokuma
Instagram @takayakma_tokuma