スパイダーマン:スパイダーバース
SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE

全米公開初登場1位を獲得し、各メディアから「スパイダーマン映画史上最高傑作!」と空前の大絶賛を受けた『スパイダーマン:スパイダーバース』。
先日、スパイダーマン映画シリーズで初めてゴールデン・グローブ賞(アニメーション作品賞)を受賞し、アカデミー賞ノミネート確実の呼び声が高い本作の日本版<最新予告>が解禁となった。

独創的、かつ革新的な映像で描かれる本作品の世界観を彩るのは、今回ハリウッド映画と初タッグとなる<TK from 凛として時雨>だ。
本作の日本語吹替版主題歌として書き下ろされた新曲P.S. RED I(読み:ピーエスレッドアイ)が、スタイリッシュな新生スパイダーマンの魅力を一気に加速させる。
日本語吹替版の音響監督をつとめるのは、日本を代表する存在である岩浪美和。主題歌、声優、音響監督と、最強のアーティスト陣が集結。日本公開は、2019年3月8日(金)。

さらなる豪華声優陣も続々決定

※敬称略

スパイダーマン・ノワール役:大塚明夫
スパイダー・ハム役:吉野裕行
ペニー・パーカー役:高橋季依
キングピン役:玄田哲章

ストーリー

長年スパイダーマンとして活躍するピーター・パーカー(吹替版声優:宮野真守)。
だが、予告の冒頭から衝撃の事実が発覚する。彼はすでに、この世にはいない――。
ニューヨーク、ブルックリンの名門私立校に通う中学生のマイルス・モラレス(声:小野賢章)はスパイダーマンの能力を持つが、まだその力をうまくコントロールできずにいる。
そんな中、闇社会に君臨するキングピン(声:玄田哲章)によって時空が歪められる危機に直面。
そして時空の歪みにより、女性スパイダーマンのスパイダー・グウェン(声:悠木碧)を含めた4人のスパイダーマンたちが、異なる次元からマイルスの世界に集結する。
果たして、マイルスはこの危機を救うことができるのか?
スパイダーマンの運命を引き継いだマイルスの物語が、スパイダーマン映画史の新たなる扉を開く!

タイトル:『スパイダーマン:スパイダーバース』 原題:Spider-Man: Into The Spider-Verse  全米公開:12月14日
製作:アヴィ・アラド、エイミー・パスカル、フィル・ロード&クリストファー・ミラー(『LEGO(R)ムービー』『くもりときどきミートボール』)、クリスティーナ・スタインバーグ
監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン
脚本:フィル・ロード、ロドニー・ロスマン
公式サイト:spider-verse.jp
公式twitter: SpiderVerseJP/ #スパイダーバース
公式Facebook: SpiderVerseJP/

3月8日(金)全国ロードショー!