尾道市因島にて船上劇場部分の搭載工事開始

株式会社STU(広島市中区 以下、STU)は、STU48が “船上劇場”に使用する船舶「STU48号」を2019年春に完成することを発表した。
STU48は、瀬戸内海を主とした船上劇場というスタイルでAKB48グループ初の試みが詰まったグループとして2017年3月に誕生。
STUの瀬戸内7県の港を巡り公演を行う船上劇場はグループ発足以来の夢であり、その夢がやっと叶う日が近づいてきた。

今回使用する船舶は、船名を「STU48号」と改め、既存の船から船上劇場へと生まれ変わる。
現在、船舶は尾道市因島で改造工事を行っており、11月10日に劇場部分の一部となる上部構造体の搭載が行われた。
内装工事、各種検査、承認を経て2019年春の完成を目指している。

11/16 STU48公演で発表

11月某日には、STU48のメンバー、福田朱里が因島の造船所を訪れ、STU48号の改造現場を見学した。
その時の様子を、16日に広島・ゲバントホールにて開催された『STU48 陸上公演~出航準備中!~』で上映。
工事が進み、船が劇場になっていく様子を見た福田は「早くパフォーマンスを船でしたいなと思いますし、感慨深いなと思います…!」と話していた。
またメンバーの中でもいち早く、劇場になる部分に足を踏み入れたことでテンションが上がったのか、AKB48の楽曲「会いたかった」を1人でパフォーマンス。
映像の中で、船上劇場の完成は2019年春頃を予定、と発表された。

STU48号の改造現場を見学した感想

福田朱里(STU48)
STU48号をメンバーの中ではじめて見に行かせて頂きました。
船体に劇場のステージ部分の天井となるパーツを取り付ける日で、船が劇場になる瞬間を見たような感じでした。
ステージの広さ、お客さんが入る場所など、かなり具体的に説明して頂き、今まではイメージに過ぎなかったものが現実的に感じられ、ますます劇場船が楽しみになりました!
船はまだかと言われている間も、STU48とSTU48号のために本当に沢山の方が準備してくださっているのだなと改めて実感しましたし、そして大きな船だとは聞いていましたがこんなに大きいとは思っていなくて、とても驚きました。
これがSTU48専用の船になるなんて凄すぎます…。
この日見た全てのことに関して、「百聞は一見にしかず」とはこのことだなと思いました!
これから完成に向けてどんどん作業が進み、STU48号ができてくると思うと本当にワクワクします。
専用の劇場船の上での公演。世のアイドル史上、1番大きなプロジェクトなんじゃないかなと思います。
STU48に加入出来て、メンバーはもちろん、スタッフさんや何よりファンの方々と一緒に、専用劇場が出来るのを待つことができて本当に幸せだなと思います。
STU48号に恥じないパフォーマンスができるよう、完成した時のためにメンバー一丸となって準備しておきたいと思います!

STU48号
福田朱里(STU48)

STU48号

STU48号概要

サイズ:全長77.8m 全幅12.5m

STU48号
▲工事着工前のSTU48号
STU48号
▲船上劇場部分搭載工事の様子

せとうちDMOによるサポート

せとうちDMO(※1)(広島市中区)は、STU48の活動による瀬戸内エリアの認知拡大と地域活性化や事業連携の可能性に期待し、瀬戸内エリアでのSTU48の活動に関する各種業務のサポートを行っている。
このたびの「船上劇場」決定までの過程においては、せとうちDMOのネットワークを活用し、船舶情報の収集や船の選定、関係者との調整などをSTUと共に行い、今回の船舶である「STU48号」決定へとつなげた。
今後は運航に際して、母港や寄港地に関わる各自治体との調整をサポートしていく予定。

※1せとうちDMO:官民が参画する一般社団法人せとうち観光推進機構と金融機関・域内外の民間企業が参画する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションで構成。
DMOはDestination Marketing/Management Organizationの略。
観光需要の創出と商品やサービスの供給体制の強化を行いながら、多様な関係者とともに持続可能な観光地域づくりを推進している。