世界の謎と不思議に挑戦しつづける「ムー」40年の軌跡と未来を目撃せよ!

『創刊40周年記念ムー展』

10月12日より、池袋パルコ本館7階「PARCO MUSEUM」にて、『創刊40周年記念ムー展』が開催される。
1979年10月に創刊され、2019年に40周年を迎えるスーパーミステリー・マガジン「ムー」(学研プラス刊)。
来るアニバーサリーイヤーに先駆け、一足早く40周年の軌跡を追う展覧会で、創刊号から現在までを誌面で振り返るとともに、めったに実物を見ることができないミステリーアイテムや歴代の関係者からのメッセージの展示など、「ムー」が追いかけてきた超常現象の世界、雑誌としての「ムー」の歴史、そして「ムー」読者・関係者との関わりを体験できる。10月29日まで。

軌跡と未来を大公開!

入り口から入ると、40年の歴史を物語る壮大なカバーコレクションのパネルとともに、創刊準備号・創刊号の展示。
ムーのロゴオブジェもある。

『創刊40周年記念ムー展』

『創刊40周年記念ムー展』

『創刊40周年記念ムー展』

その奥に進むと、超能力編、古代文明編、予言編、UMA編、UFO編、心霊編、開運・神秘編と、これまでの特集記事の展示がズラリ。

世界の“謎”現る!

その先は、ユリ・ゲラーのサイン入りスプーン展示など、「ムー」が追いかけた謎にまつわる物的証拠の展示が続く。

・世界最強の超能力者が曲げたスプーン(写真)
・UFO現場の調査に必須の測定器
・北米の大型獣人の痕跡
・インドの聖人にまつわる神聖物
・日本古来の神獣のミイラ

『創刊40周年記念ムー展』

映画の中のムー

ムーは様々なクリエイターにも大きな影響を与えてきた側面も強く、これまで映画作品にも登場している。
今回の展示では、映画『君の名は。』での登場シーンや、映画『ゴジラVSキングキドラ』では、映画のシーンに登場したムー編集部のワンシーンの紹介の展示も。

『創刊40周年記念ムー展』

超ムー的企画!

「ムー」的ライブラリーではこれまでの実際のムーの実物を手にとることができ、ムー編集部を再現した展示コーナーもある他、超常現象の一部になれるフォトスポットも用意されている。
そして、超常現象界、芸能界、宇宙からのメッセージボードも多数展示。
生賴義範氏のカバーアート原画も貴重な展示だ。

『創刊40周年記念ムー展』

ムー民垂涎のグッズ

物販コーナーではムー40周年ロゴを使用した会場限定グッズなどムー民(※注:「ムー」読者)垂涎のグッズを多数販売。
また展覧会連動企画として、池袋パルコ本館6F「カフェ・アドレス」では、「ムー」とのコラボメニューも展開されている。

創刊40周年展 ムー展
開催日時:2018/10/12(金)~2018/10/29(月)10:00~21:00
         ※最終日は18:00閉場 ※入場は閉場の30分前まで
会場:池袋パルコ本館7階「PARCO MUSEUM」
入場料:一般700円 学生600円 小学生以下無料
URL:https://art.parco.jp/parcomuseum/detail/?id=46

フォトギャラリー

[写真:Ichigen Kaneda, 記事:Jun Sakurakoji]