舞台「若様組まいる~若様とロマン~」
森田桐矢/安川純平/宇野結也/原嶋元久/入江甚儀/宮崎香蓮/岡田達也/井澤巧麻/伊崎龍次郎

2018年10月5日、シリーズ第三弾となる舞台「若様組まいる~若様とロマン~」の記者発表・公開ゲネプロが行われた。
当舞台は、10月6日より、三越劇場(東京・日本橋)にて、21日まで上演。(動画&フォトギャラリー)

畠中恵の人気小説舞台化第三弾

今度は若様たちがお見合いに挑戦!?明治150年に上演する、スイーツ騒動記

本作品の著者・畠中恵は、シリーズ累計発行800万部を超える「しゃばけ」シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。
今回舞台化する「若様とロマン」は、戦争が近づいてきた明治の世で、戦争を避けるべく「お見合い」に奮闘する元幕臣䛾警官たち“若様組”の面々を描いた「若様組シリーズ」3作目。
「若様組シリーズ」の舞台化1作目となる「若様組まいる」は、全編ライトでポップな演出で、2作目となる「若様組まいる〜アイスクリン強し〜」は“スイーツ”の香りを使った新しい演出でどちらも好評を得てきた。
出演者には若手実力派の入江甚儀、宮﨑香蓮、原嶋元久等に加え、女優としても活躍する市川美織、栞奈、高柳明音(SKE48)、そしてキャラメルボックスの岡田達也等のベテラン俳優を迎え、過去最多の豪華な出演陣となっている。
脚本・演出は、前作に引き続き、「拙者ムニエル」主宰として劇団公演や外部公演など多くの作品(「けものフレンズ」「私のホストちゃん」「ママと僕たち」など)を手掛ける村上大樹氏が務める。

2018年は、明治元年(1868年)から起算して満150年の年にあたり、会場となる三越劇場は、文化遺産にも登録されており、歴史を感じる豪華な内装も特徴。
本作では、お客様にも舞台を観て楽しむだけでなく、明治の世に入り込んで楽しんでいただけるよう、全公演を通してドレスコード特典や、イベントとしてアフターティーパーティーなども用意されている。

舞台「若様組まいる~若様とロマン~」

舞台「若様組まいる~若様とロマン~」

舞台「若様組まいる~若様とロマン~」

記者発表

– まず最初にご挨拶をお願いします。

入江甚儀(長瀬健吾 役)
若様組第3弾、今回でラストとなります。今日のゲネプロで稽古で培ってきたものを皆さん全員が全力で出して、明日の初日が素晴らしいものとして迎えられるように頑張りたいと思います。

宮﨑香蓮(小泉沙羅 役)
いよいよゲネプロ、そして明日は初日となるわけですが、みんなで稽古で積み上げてきたものがあるので、明治という時代を一生懸命演じていければいいなと思います。

– 3作通して、長瀬健吾役、小泉沙羅役を演じられた思いをお聞かせください。

入江甚儀(長瀬健吾 役)
約2年間、第一作、第二作と、キャストの皆さん、全力でやってきてくださって、こうやって第三弾を迎えることができてほんとに嬉しいなと思っています。
そして、演るからには戦争が起きる前の明治のこの平和の時代をお客様に堪能していただいて、こういう時代もあったんだと、ちょっと明治について好きになったりとか、調べてもらえたらいいなと思います。
そのために、僕たち、全力で今回最後まで演じきりたいと思います。

宮﨑香蓮(小泉沙羅 役)
2年間、3回にわたって、同じシリーズの同じ役をやらせてもらうってことはなかなかないことなので、前回、前々回から得たものをもって次に進めるっていう良さもありますし、前回を超えなきゃいけないっていうプレッシャーもありますし、すごく素敵な挑戦をさせてもらってるなって毎日感じています。
これまでの3作品、カンパニー(一座)もどんどん変わってるんですけど、どのカンパニーもすごく素敵で今回のカンパニーもすごく素敵なメンバーが集まったので、私はほんとに周りに甘えて演じさせてもらっています。

– 岡田さんは演劇集団キャラルボックスに所属され、ベテラン俳優ですが、若手の俳優たちにアドバイスされたことはありますか?

岡田達也(小泉琢磨 役)
特にアドバイスはないです(笑)
僕は3作目から初めての参加なので、逆に若い2人から本作の世界観を読み取ろうということはありましたけど。
ただただ、稽古場の隅っこで若い人たちが練習しているのを楽しく見させていただいたっていうそんな感じでした。

– 日本橋三越本店本館7階「はじまりのカフェ」では本作にちなんだスイーツも提供されます。実際にお召し上がれた感想はいかがですか?

原嶋元久(皆川真次郎 役)
とっても美味しかったです。みなさんも是非食べていってほしいです。
ワッフルもモチモチでめちゃくちゃ美味しくて、セットで食べたら最高でしょうね。

– 明日から初日を迎えますが、意気込みをお願いします。

入江甚儀(長瀬健吾 役)
若様組たちの恋愛模様が描かれた話となっております。
今回は6人の若様がそれぞれの恋愛をするんですけども、まったく違った恋愛模様が描かれているので、観に来てくださるお客様にには、この子に似た恋愛をしてきたなとか、この子の気持ちわかるなとかっていう見方の楽しみ方もあると思います。
そして先ほど言ったように明治の時代をたっぷりと堪能して帰って、そして楽しんでいただけたら何よりです。
皆様、是非ご来場ください。よろしくお願いします。

宮﨑香蓮(小泉沙羅 役)
シリーズ最終章。私は小泉沙羅という役が本当に大好きです。
この時代で女性の地位が低い中、自分の意見をはっきりと言って前に進む沙羅は、今の時代にも通じるものがあってすごく大きな意味があることだなと思っています。
今回女性キャストも増えてすごく華やかなシーンもありますので、そこも注目していただけたらなと思います。

原嶋元久(皆川真次郎 役)
三作目から参加の僕たちはすごくプレッシャーもあったんですけど、そのプレッシャーと真正面からぶつかっていって、跳ね返してとってもいいものに仕上がっているなっていう実感もありますし、このメンバーじゃなかったらできないところまできたなっていう自信もあります。
ちゃんと明治時代という過去のものを今の時代のものとして伝えられるっていう準備も稽古もしてきて、それをお客さんに楽しんでいただけるっていうところまでしっかり持ってきました。
ですので、お客さんは何も考えずに、劇場に足を運んで席に座ってじっくり楽しんでほしいなって思います。
僕らはそれだけのことをやってきているので、是非劇場でそれを確かめていただきたいです。

舞台「若様組まいる~若様とロマン~」

記者発表の全編&ゲネプロシーンダイジェストは動画で!

舞台「若様組まいる~若様とロマン~」
期間:2018年10月6日(土)~10月21日(日)
会場:三越劇場(東京・日本橋)
原作:畠中恵「若様組まいる」「若様とロマン」(講談社文庫刊)」脚本・演出:村上大樹
出演:入江甚儀/宮崎香蓮、原嶋元久、宇野結也、井澤巧麻、安川純平、伊崎龍次郎、森田桐矢/市川美織、栞菜、高柳明音(W キャスト)、小槙まこ(W キャスト)/和合真一、山口大地、小多田直樹、角島美緒、斎藤直紀、綾乃彩/内藤大希、鎌苅健太、岡田達也 アンサンブル:住吉史衣、尾崎優子、藤田晋之介
公式サイト:https://www.mmj-pro.co.jp/wakasamagumi/

フォトギャラリー

[写真・動画・記事:Jun Sakurakoji]