出展者、出展作品発表 ステージは過去最多の25プログラム

京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会は、2018年7月11日(水)に全国天満宮の総本社 北野天満宮の「紅梅殿」にて実施された記者発表で、9月15日(土)・16(日)に開催される西日本最大級のマンガ・アニメイベント『京都国際マンガ・アニメフェア2018』(以下京まふ)の出展者、出展作品、ステージラインナップ及び主催企画等の最新情報を発表した。

今年は出版社やアニメ制作会社、教育機関など60企業・団体が出展し、ステージプログラムは過去最多の京まふステージ全13プログラム、オープンステージ全12プログラムを予定している。
出展者、出展作品は公式サイトにて。

記者会見会場では、門川京都市長をはじめ、実行委員会のメンバーと共に『京まふ』応援サポーターの「22/7(ナナブンノニジュウニ)」も参加し、ステージラインナップの発表と「22/7×全国天満宮の総本社 北野天満宮」のコラボビジュアルも初披露された。
なお、7月12日(木)より「ステージ応募権付き入場券」やプレミアムな特典が付いた「京まふおこしやすチケット」の販売を開始される。

応援サポーター22/7(ナナブンノニジュウニ)コメント

私たち22/7は、秋元康さん総合プロデュースのデジタル声優アイドルグループです。
担当するキャラクターの声優として、そして私達自身もアイドルグループとして活動しています。
この度は「京まふ2018」の応援サポーターに就任することができてとても光栄です。
私達自身も大好きなアニメや漫画、そしてずっと憧れていた「京まふ2018」を盛り上げていけるように私たち自身も精一杯頑張ってまいります。
9月16日には私たち22/7のステージもありますので、是非たくさんの方にご覧頂ければと思っております。本日は誠にありがとうございました。

22/7 - 京まふ

22/7 - 京まふ

「マンガ・アニメ×京都名所」コラボビジュアル第3弾発表

既発表6作品に続く、人気マンガ・アニメ作品と京都名所とのコラボレーションビジュアル第3弾を発表。

京まふ
『22/7(ナナブンノニジュウニ)』×全国天満宮の総本社 北野天満宮

主催企画 みやこめっせ会場

<キャラカフェ>
人気マンガ・アニメとコラボしたフードやドリンクの販売が行われる。
今回は「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」カフェが出店予定。

「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」カフェ
©緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

京都国際マンガ・アニメフェア2018開催概要

催事名称: 京都国際マンガ・アニメフェア2018
略称: 京まふ(KYOMAF=KYOTO INTERNATIONAL MANGA ANIME FAIRの略)
会場: みやこめっせ(京都市勧業館) 京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
京都国際マンガミュージアム 京都市中京区烏丸通御池上ル(元龍池小学校)
会期: みやこめっせ(京都市勧業館) 2018年9月15日(土)・16日(日) 9:00~17:00
※16日は16:00まで
京都国際マンガミュージアム 2018年9月15日(土)・16日(日) 10:00~20:00

入場券: ○京まふおこしやすチケット 10,000円
○前売券 各日一般1,200円
○みやこめっせ・京都国際マンガミュージアム共通入場券 各日1,800円
○優先入場券:各日2,000円 ※入場には別途みやこめっせ会場への入場券が必要。
○当日券 各日一般1,500円 ※学生・障害者・外国籍の方は1,300円に割引(要証明書)
※小学生以下の方は無料(要保護者同伴)。ただし、抽選制ステージの観覧を希望される場合、
ステージ応募権付き入場券を購入し、ステージ応募をして頂く必要があります。
主催: 京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会、京都市
共催: KYOTO CMEX 実行委員会、京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学、
京都国際マンガミュージアム
後援: 経済産業省
協力: 平成30年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業、京都クロスメディア推進戦略拠点
公式サイト: http://kyomaf.kyoto/