第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展報道関係者向け内覧会
竹内オサム(功労賞)/田宮俊作(功労賞)/片渕須直(アニメ部門大賞)/上田文人(エンタメ部門大賞)/Haythem ZAKARIA(アート部門大賞)

「第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が2018年6月13日(水)~6月24日(日)の期間開催されることに先立って、報道関係者向け内覧会が行われました。
アニメーション部門大賞を受賞した「この世界の片隅に」の片渕須直監督に、受賞の思いと現在製作中という“長尺版”「この世界の片隅に」についてお話を伺いました。(動画&フォト)

「この世界の片隅に」ブースの見どころ

本ブースの見どころについて、片渕監督は記者陣に対して次のように説明されました。

第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展報道関係者向け内覧会

片渕須直 監督
映画「この世界の片隅に」を作るにあたって、自分たちがどのようなアプローチで進めてきたかということがわかるような展示になっています。
映画の舞台となった戦争中の広島県広島市や呉市の街や人々。建物ひとつにしても、写真が残ってないけど実際にあったはずのものをどう描くか。
そして、戦争中といっても、何年何月で人の装いも違いますし、考えていることも思っていることも違っていくでしょうし、そういう時代の移ろいを映像の中でどう表現するか。
そういうアプローチがわかるような展示ということです。
映画の中で描かれていなかったものも展示していますし、その逆に映画の中で描かれていたけどなんだったんだろう?というものがここで詳しくわかるような展示もあります。
特に映画をご覧になった方は、映画をご覧になって感じていただいたことをこの展示でまた膨らませていただけるんじゃないかなと思います。

第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展報道関係者向け内覧会
©Fumiyo Kouno/Futabasha/Konosekai no katasumini Project

片渕監督インタビュー

– 劇場公開から今日まで、数多くの賞を受賞されて改めて今のお気持ちは?

片渕監督
たくさんの賞をいただいてきたんですけど、ひとつひとつの賞は違う観点で決めて頂いていて、それぞれ別の意味合いでもって認めてくださっているのがありがたいです。
今回のメディア芸術祭はアニメーション賞ということですけども、いわゆるアニメという枠の中だけではなくて、映画という広い中での位置とか、いろんな表現の中での位置とか、そういうところで今回、「この世界の片隅に」は見てもらえたんだなと思っています。

第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展報道関係者向け内覧会

– ツイッターでちらりと進捗状況をつぶやかれていましたが、長尺版「この世界の片隅に」の製作状況はいかがですか?

片渕監督
あまり大きな声では言えないんですけど公式な発表ではないので(笑)
でも進めているところではあります。頑張っています。

– 録音となると、2年ぶりに声優キャストの皆さんがまた揃われるわけですね。

片渕監督
今まで登場していた人たちもまた録音とかで集まっていただくことになるんですけど、また新しい登場人物も出てきます。
すずさん、すみちゃんだけではない、もっとたくさんの片隅に住んでいた人も登場することになります。
だから、そのような中での“ひとりのすずさん”というふうに見ていただけるんじゃないかなと思います。

– 2年ぶりの録音で、当時の作品の雰囲気はどうやって再現されますか?

片渕監督
声優のみなさん、中で演じてくださった人物をそのまま持っていてくださっているんじゃないかなと思います。
でも、とはいえ、例えばすずさんなんかは、今までなかった別の一面が出てきます。
他の人たちにとっても、前の映画の中で出てきたのとは違う一面がまた出てきます。
そういうところで、どういう表現・声の芝居とかを創り上げていけるかなと、今後の自分たちにとっての楽しみでもあります。
すずさんが出会う新しい人たちのこともすごく楽しみにしています。

– 監督の演出の取り組み、そしてのんさんの演技力が、新しいすずさんをどう表現されるのか、楽しみにしています。今日はありがとうございました。

片渕監督
ありがとうございました。

第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展報道関係者向け内覧会

[関連記事:「この世界の片隅に」公開連続1年イベント。ロングVer発表も。]

第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展

本展では、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門に応募された4,192作品(過去最高世界98の国と地域からの応募)の中から厳正な審査を経て選ばれた全受賞作品と、功労賞受賞者の功績等が紹介されています。
アニメーション部門では、「この世界の片隅に」に加えて、湯浅政明監督「夜明け告げるルーのうた」も大賞受賞。

■第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展 開催概要
■会期 2018年6月13日(水)~ 6月24日(日)
■会場 国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木7-22-2)※6月19日(火)休館
10:00~18:00 金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内)
6月17日(日)、6月23日(土)、6月24日(日)のみ開催
スーパー・デラックス(東京都港区西麻布3-1-25 B1F) 6月16日(土)、6月23日(土)のみ開催 他
※開館時間は会場によって異なります。
■入場料 無料
■フェスティバルサイト http://festival.j-mediaarts.jp

片渕監督インタビュー動画

第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展報道関係者向け内覧会

第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展報道関係者向け内覧会
[写真:Ichigen Kaneda / 動画・記事:Jun.S]