映画『洗骨』沖縄先行公開が県内トップの大ヒットスタート

映画・アニメ・演劇・音楽

「ガレッジセール」のゴリこと照屋年之が監督を務め、昨年のモスクワ、ニューヨーク、上海、ハワイ、済州など世界各国の映画祭でも笑いと感動で大きな話題と高い評価を受けている映画『洗骨』が1月18日(金)より沖縄県4館で先行公開が始まり、記録的ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」、新たに公開された「マスカレードホテル」などの大作・話題作をおさえ、週末(19日、20日)2日間の県内興行成績、動員とも1位を記録、大ヒットスタートを切った。 そして19日(土)には、沖縄市・シネマライカム、那覇市・シネマQにて公開記念の舞台挨拶が開催され、上映後に照屋監督が登壇、シネマQでは出演者の山城智二、主題歌も担当した古謝美佐子も急遽駆けつけた。

「日本有線大賞」から『日本演歌歌謡大賞』へ。2月18日に第1回授賞式

映画・アニメ・演劇・音楽
日本演歌歌謡大賞

1968年から開催され50年の歴史を重ねた「日本有線大賞」が、『日本演歌歌謡大賞』として装いも新たに生まれ変わる。 記念すべき『第1回日本演歌歌謡大賞』は、2月18 日(月)にホテルメルパルク東京 メルパルクホールにて開催。 その「優秀賞・奨励賞」受賞曲と、授賞式に出演する豪華アーティスト陣が決定した。

特別大賞に大林宣彦監督『花筐/HANAGATAMI』。第33回高崎映画祭受賞者発表

映画・アニメ・演劇・音楽
花筐/HANAGATAMI

1月9日、第33回高崎映画祭各賞が発表された。 2017年11月から2018年11月末までに国内で劇場公開された邦画作品から、高崎映画祭選定委員会が選出したもの。 特別大賞に『花筐/HANAGATAMI』、最優秀作品賞に『斬、』が受賞。また、新進監督グランプリを『かぞくへ』の春本雄二郎監督が受賞した。授賞式は3月24日(日)、群馬音楽センターにて。

バロン吉元 画業60年還暦祭『バロン吉元☆元年』開催中

本・コミック・ゲーム・アート
画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年

1959年のデビュー以降、1960年代から70年代にかけて劇画ブームの第一線で人気漫画家として活躍したバロン吉元。渡米帰国後の絵画制作を含めて60年。画業還暦を迎え、そして新たな出発を歩みだす彼の企画展『バロン吉元☆元年』が弥生美術館(東京・文京区)で1月3日から開催中。 デビュー当時の生原稿から、最新作の大作絵画までを一気に観覧できる他、トークイベントやバロン吉元のサイン会などのイベントも企画されている。3月31日まで。

陽月華・初主演映画『かぞくわり』初日舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
かぞくわり

1月19日、映画『かぞくわり』の初日舞台挨拶が有楽町スバル座で行われた。 本作は、日本で最も古い歴史を持つ奈良に住む、平凡な家族を通して「今本当に守るべきもの、残すべきもの」を提示する家族と歴史ファンタジーの融合した作品で、小日向文世・竹下景子ら名優陣が脇を固め、元宝塚歌劇団宙組のトップ娘役を務めた陽月華が初主演となる。(動画&フォト)

『東京喰種CAFE』の新章にあたる漫画『東京喰種:re』の本格コラボカフェが大阪を皮切りに開催

ライフ 映画・アニメ・演劇・音楽

2017年開催時に大反響を生んだ、シリーズ累計発行部数3700万部を超える大人気漫画『東京喰種』の新章にあたる『東京喰種:re』の本格コラボレーションカフェがパルコが運営するコラボレーションカフェ「THE GUEST cafe & diner」にて、大阪を皮切りに東京・名古屋・福岡にて期間限定OPENする。 前回開催時に大好評であった「まずいサンドイッチ」などの人気メニューが復刻、さらに漫画『東京喰種:re』の個性豊かなキャラクター達をイメージしたコラボレーションメニューも展開される。さらに原作公式新作グッズの先行販売も実施。

アイドル達の“時間”を購入して応援!前代未聞のアイドルイベント『時間主総会』

映画・アニメ・演劇・音楽
ラストアイドル

「タイムバンク」という時間を売買するアプリをご存知だろうか? ごくごく簡単に説明すると、著名人の“時間”を購入して、自分のためだけに対応してもらうというもの。 2019年1月現在、多く俳優・アイドル・芸人・文化人などが時間を販売している。 その「タイムバンク」と多くのアイドルを排出するツインプラネットがコラボした入場無料の前代未聞のアイドルイベント『時間主総会』が、1月31日にZeppダイバーシティ東京で開催され、アイドル達の“時間”を購入した人は、コラボ企画をリアルタイムで支援することができる。

沖縄離島に残る風習を軸に命の繋がりを描く。照屋監督(ガレッジセール・ゴリ)映画『洗骨』舞台挨拶

取材記事 映画・アニメ・演劇・音楽
洗骨

海外映画祭での評価が際立つ照屋年之監督(ガレッジセール・ゴリ)の長編第二作となる映画『洗骨』。 そのタイトルから怖いイメージも感じるが、沖縄離島に残る風習を軸に命の繋がりを描いた、笑いあり涙ありのヒューマンコメディタッチで描かれ、親から子へとの命の繋がりを改めて考えさせられる作品だ。 1月17日、全国公開に先立っての特別試写会舞台挨拶が行われ、奥田瑛二、筒井真理子、筒井道隆、水崎綾女、鈴木Q太郎、そして照屋監督が登壇し、本作への熱い想いを語った。(フォトギャラリー&主題歌ライブ映像)

漫画の神様、手塚治虫のもうひとつの夢。今も命を持って動き続けている

映画・アニメ・演劇・音楽

1月16日、NHK「歴史秘話ヒストリア」で“ぼくはアニメの虫 手塚治虫がやりたかったこと”が放送された。 日本の“テレビアニメ”の黎明的な作品である「鉄腕アトム」を“リミテッドアニメ”という手法で毎週30分の長編アニメという世界初のフォーマットを創り、アニメを創りたいために漫画家になったという手塚治虫についての特集で、その志は今の作り手にも確実に受け継がれているという内容だった。

場面写真解禁!今映画界で最もホットな俳優ティモシー・シャラメの美しすぎる最新作『ビューティフル・ボーイ』

映画・アニメ・演劇・音楽

アカデミー賞最優秀脚色賞受賞、主要4部門にノミネートされた『君の名前で僕を呼んで』で、世界中の映画ファンを魅了したティモシー・シャラメ。 映画界だけでなくファッション界においても今一番ホットな男ティモシーが出演する新作『ビューティフル・ボーイ』が10月12日に大ヒットスタートでアメリカ公開を迎え、日本でも4月より公開されるが、この度、新たにティモシー・シャラメの劇中のシーンを捉えた場面写真が解禁になった他、特典付きのムビチケカードが1月18日より発売される。

ページの先頭へ